二人は対極にあったが、死後の両者は接近したのか
  吉本隆明は『偉大なる思想家』か、それとも「長屋のテツガク屋」か

冨岡幸一郎『最後の思想 三島由紀夫と吉本隆明』(アーツアンドクラフツ)

 いま文藝評論畑で、もっとも旺盛な仕事をされる冨岡氏の近作評論集である。
 意外な目の付け所とでも言おうか、こういう視角から現代日本の貧困政治状況、思想の荒野に切り込む意欲、その情念を率直に評価したい。
 前作『千年のこる日本語へ』(NTT出版)でも、富岡氏は三島の遺した「日本文学小史」について触れたが、本書ではさらに突っ込んで同作品が論じられている。
 さるにても標題である。
 「吉本隆明のように戦前、戦中時に皇国少年であり、国家の戦争に殉じようとの思いを抱いていた者が、戦後自らが信じ込まされた国家や天皇制を根本的に疑い、問い直すことを生涯の課題と」したことに対して、三島由紀夫は「早熟な文学的才能によって浪漫的な詩や小説の創作をなし、戦時体制には強い違和感を持ちながら、敗戦後の日本の社会や思想にたいして鋭い反逆を示し、『天皇陛下万歳』を叫び自刃した」。

 両者はしたがって対極からの出発であり、「『思想の可能性』をぎりぎりの地平から問い直したのである。それらはまさに危機の時代の産物であり、『最後の思想』とでもいうべき緊張と起爆力をもった創造的言語活動であった」と冨岡氏は総括する。

 ところが、吉本は三島の自刃に強烈な衝撃を受けて次のように正直に書いた。
 「これは衝撃である。この自死の方法は、いくぶんか生きているものすべてを『コケ』にしてみせるだけの迫力を持っている(中略)。わたしにはいちばん判りにくいところでかれは死んでいる。この問いに対して三島の自死の方法の凄まじさだけが答えになっている。
 そしてこの答えは一瞬『おまえはなにをしてきたのか!』と迫るだけの力をわたしに対して持っている」
 さらに吉本は次のように言うのだった。
 「真の反応は三島の優れた文学的業績の全重量を、一瞬のうち身体ごとぶつけて自爆して見せた動力学的な緩和によって削られる。そして、これは何年か後に必ず軽視することの出来ない重さであらわれるような気がする」(1971年二月『試行』32号)。

 評者(宮崎)は、この吉本の言葉を知ったとき、事件直後に保田與重郎が書いた激甚なる文章を思い出した。
 「三島氏の事件は、近来の大事件といふ以上に、日本の歴史の上で、何百年にわたる大事件になると思った」(『天の時雨』)

 つまり全共闘のカリスマ的存在だった吉本が、三島を評価し、やがて「転向」を表明し、さらには反・反核の狼煙を上げて、胡散臭い左翼と訣別した。反・反原発の旗幟を鮮明にして平成二十四年に去った。
 まじめに吉本を読んできた旧左翼、旧全共闘は吉本の事実上の転向に茫然となったのではないだろうか。

 この両者の対比を文学史的観点から解きほぐしながら、富岡氏は両者の思想的核心部へ迫った。
 ところで評者(宮崎)は吉本隆明をまじめに読み込んだ経験はなく、それは世代的に全共闘や全学連という暴力がキャンパスを支配し、学問の自由を破壊していたおりに、吉本が彼らの教祖的存在であったことからくる一種の嫌悪感、胡散臭さに起因する。同列に評者は清水幾太郎をまったく信用していない。偽装転向なのか、文壇の風向きを商業的に読んだか、『核の選択』などと清水が二十年遅れで言い出したおり、じつに不快だった記憶が蘇った。

 したがって吉本が次のような発言をしていたことも、本書を通じて初めて知った。
 『三島由紀夫の快挙は、現在の政治的な情勢論でいけば、時代錯誤にしか過ぎません。しかし、歴史的根底からみてゆけば、なかなか容易成らざる問題である』(対談集『どこに思想の根拠をおくか』巻頭インタビュー)。

 冨岡氏はかくまとめる。
 「三島由紀夫の自刃は、吉本にとって自らの思想と観念力が根底から問われた事件であったと思われる。その後の吉本の思想的な軌跡と、老いという生理的自然的な過程のなかで、彼の世界観と人生観がどうように変化していったか」
 この吉本に比べると村上春樹のポストモダン文学は軽すぎるとも示唆している。
 さきの『千年残る日本語へ』といい、今度の新作といい、冨岡氏は文学論の荒野のなかに奮迅しつつ、重厚に爽やかに重いテーマに挑みながら、その膂力をつけてきた。本書は、その一つの表れであろう。

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成24年11月29日(木曜日)より


言葉から千年の歴史の横たわるわが民族の本質を探す
  異色で独創的な冨岡幸一郎の文芸評論は近来の傑作である

冨岡幸一郎『千年残る日本語へ』(NTT出版)

 文芸評論の分野では単行本の上梓そのものが珍しい。しかもこの書籍、なんとも題名が良い。
千年、残るほどの強き、そしてやさしき日本語。雅(みやび)とたおやかさと優雅さと、みずみずしさ。源氏物語も、万葉集も、日本が世界に誇る古典である。
 鎌倉文学館館長でもある冨岡幸一郎氏は、なぜこの本を書いたのだろう?
 どうやら三島由紀夫の言葉が原点にあり、バネのような動機となったように考えられる。
というのも、富岡氏はこんな風に書き出すからである。
 「三島由紀夫は、村上春樹が『風の歌を聴け』で、作中の時間として設定した1970年に自決したが、その直前、『日本文学小史』という日本の古典文学を論じたエッセイを遺している。古事記、万葉集からはじまり江戸期の近世文学(近松、西鶴、芭蕉、馬琴)までの日本語の歴史を、独自の視点から論じようと試みた文学史であった。残念ながらその死によって源氏物語を少しばかり論じたところで未完に終わった。(原文改行)しかし、古今和歌集にふれた個所で、作家は、ここで『日本語というものの完熟』を成就したという。古今和歌集の日本語こそは『本当の意味の古典美』を示している。それは日本人の『文化』の『白昼』(まひる)である、と」(冨岡同書、11p)
▼文化の「白昼」(まひる)を経験した民族は、そのあとは「夕焼け」
 三島由紀夫の言はこうである。
 「(万葉集は)古代の巨大な不安の表現」。
 「文化の白昼を一度経験した民族は、その後何百年、いや千年にもわたって、自分の創りつつある文化は夕焼けにすぎなかったのではないかという疑念に悩まされる。明治維新ののち、日本文学史はこの永い疑念から自らを解放するために、朝も真昼も夕方もない、或る無時間の世界へ漂い出た。この無時間の抽象世界こそ、ヨーロッパ文学の誤解に充ちた移入によって作り出されたものである。かくて明治以降の近代文学史は、一度としてその『総体としての爛熟』に達しないまま、一つとして様式らしい様式を生まぬまま、貧寒な書生流儀の卵の殻を引きずって歩く羽目になった」(『日本文学小史』講談社、1972年11月)。

 夕映えの赫々たる陽光、三島の存在も千年残る文学である。それゆえに多くが「日本文学小史」全編の完結を期待したのだった。
 
さて千年残る日本語を模索する作家が現代日本に居るのか、いないのか。
冨岡氏は本書で古井由吉、朝吹真理子、リービ英雄、藤沢周、辻原登らを取り上げて評価する一方で、村上春樹や田中慎弥、柳美里、楊逸、温又柔らを論じる。
在日外国人が四人もいるのは、自然にみについた言葉を操れる日本人作家と違い、ひとつひとつの意味を、体感的に覚えながら、母国語と日本語との距離と壮絶に戦いながら、日常の行為、風景を日本語を用いての、ふさわしき表現を試行錯誤で追求し身につけた経過をもっているからである。

 とくにジャパノロジストとして日本文学の翻訳に従事してきたリービ英雄が、ある日、山上憶良が渡来人であったことを知って小説を書く決意をした。
 リービの中国旅行記などを読むと、この人はアジア主義者かと思うほどである。
 評者(宮崎)は個人的にリービ英雄と辻原登を評価しているので、この二人を如何に冨岡氏が論じているかに興味があった。
▼異色作家、リービ英雄の登場
 リービ英雄を論ずるにあたって、富岡氏はいきなり保田與重郎との比較から入る。
 「昭和13年5月2日、日本浪漫派の代表的論客である保田與重郎は、詩人の佐藤春夫とともに朝鮮半島、満州(現在の中国東北部)、北京から蒙古(現在の中国内モンゴル自治区およびモンゴル国)方面へかけて四十余日の大旅行へと発った。(中略)保田は帰国後の十二月にこの一連の記録を『蒙彊』という一冊の本としてまとめた。(原文改行)北京の街に失望した保田は蒙彊地方の雄大なその自然に面して、深い感動をおぼえた。二十九歳の保田は大黄河に一人たたずみながら、脱亜入欧の明治の近代化、西洋化以来の日本人が、この遙かなる大陸において、大きな精神の転換をなすべきだとの確信を得た」(同63p)。

 保田は実際には次のように書いた。
 「我が国はまず、世界に先んじて十九世紀の一切のイデオロギーから訣別する。問題は、十九世紀の完成をなさなかった日本の文化が、アジアによってより大きい転向をなしつつあるということである。(中略)日本の転向の萌芽を象徴するものは『蒙彊』である」。

 冨岡氏はリービ英雄の『天安門』が、つまり「大陸中国を、この島国の言葉で描くこと。保田の『蒙彊』から半世紀を経て、それは現代の日本語作家として登場したアメリカ人のリービ英雄によって試みられた」というのである。
▼辻原登の言葉の豊かさ
 辻原登について冨岡氏は次の指摘からはいる。
 「辻原は『表現者』(08年五月号)の座談会『物語の源泉へ』のなかで、中国には『物語』という漢語はないといい、中国語では通常これを『グーシー(故事)』のことであると指摘している」と。
辻原は、こう言っている。
 「物語と呼んでいるのは日本でつくられた漢字です。これはしかも翻訳語ではない。それはなぜかというと僕は勝手にこう思っているんですが、日本語の大和言葉における『もの』というのは目に見えないものなんです。ヤマトの人たちが『もの』と呼んだときは、本来は自信の中にいるべき何かが、なんらかの事情で体の外へでたもの、それをどうやら『もの』と呼んでいる」

 冨岡氏はこの発言を受けて、次のように続ける
 「情報革命と言われる世界的現象のなかで、空間が無限に拡張され、言葉が断片化し、ゆっくりとして時間の流れが失われていくなかで、あらためて言葉が孕む『もの』の力を、小説という表現ジャンルによって(辻原が)表そうとしてきたのではないのか。それは近代文学の過去のパターンに戻ることではなく、日本語の大和言葉における、まさに『もの』を現代語のなかで、よみがえらせることではないか」
そして冨岡氏は辻原登の「ダッタンの馬」を高く評価して次のように言う。
「この作品の真の醍醐味は、まさに異国の発語の谷間を乗り越え、異なる文字の形を飛び越えてゆく、そのコミュニケーションの奔流を、現代日本語によって表記し、描いているところにある」(162p)。

この辻原の小説は『日本経済新聞』に二年ほど連載されていたので、毎朝、愉しみに愛読していた。
久しく日本文学が忘れてきた浪漫的冒険の、その熱血がほとばしるような作品だった。ところが日本の文壇は左翼や無国籍リベラル作家にほぼ支配されているため、このように根源的文学、浪漫的熱情の冒険譚は無視されるか、敬遠される。だから文壇でもマスコミでも大きな話題にならず、本屋でも目立たないという文化の退嬰が起きているのも事実である。
▼朝吹真理子の登場は「芥川賞の歴史における時代的事件」か?
 紙幅も尽きたので、ほか作家たちに触れる余裕はないが、富岡氏が朝吹真理子の出現を芥川賞の歴史における『時代的事件』という比喩を用いて、たいそう高く評価し、今後の期待していることに驚かされた。

『古語辞典』が大好きという彼女の文体を冨岡氏は「古語がよみがえる時間」であると言い、「村上龍、村上春樹の両ムラカミの登場の衝撃とは明らかに違う、朝吹真理子という才能の出現は、おそらくこの現代という時代の表層(彼女のいう「匿名の人たちの唇や吐息」の触媒)に深く関わっているのではないか。(原文改行)失われた古語が、まさに現代の『言葉として新たな生』を回復しはじめる」(36p)。

久方ぶりに本格的な日本文学の篤い評論を読んで、時間があっという間に過ぎた。

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成24年9月3日(月曜日)
Secret

TrackBackURL
→http://syumusyu.blog.fc2.com/tb.php/98-604c9394