2012.08.15 ABC戦犯?
例年通り、8月15日が近付くと我が国の無知なマスコミや一部国会議員は、馬鹿の一つ覚えのように、靖国神社に「A項目戦犯」が合祀されているので、首相ならびに大臣の参拝を問題にします。正確な「ABC戦犯」とは!!
 そもそも「ABC」と表記されている戦犯とは、罪の大小を表す垂直的な意味でなく、単なる訴因の項目の違いを示す、水平的な表記「イロハ」と解釈すると正確なのです。
 それは、東京裁判でA項目(級)「平和に対する罪」戦犯として起訴された28名の中で、処刑された7名以外は有期刑(2名獄中死・1名病気不起訴)でしたが、BC項目(級)戦犯で起訴された中からも1059名が処刑され、「ABC」項目(級)戦犯をすべて合わせると1068名が処刑されました。仮にABCの順番で罪が重いのであれば、Aで有期刑になりBCで死刑になっていることは矛盾なのです。
 これらの矛盾を如実に示しているのは、南京関連で起訴された松井石根大将は、A項目(級)の訴因(36)すべて無罪にも拘わらず、A項目(級)戦犯として処刑されているのです。松井大将は、BC項目(級)の訴因のひとつだけが有罪で処刑されたのです。
 中国は日清戦争以降の日本軍人を侵略者として問題にしているが、中国建国の母として敬われている周恩来は、日本留学中の1918年5月1日の日記に、靖国神社の大祭を拝観して感激したことを綴っているのです。これら靖国神社に関する基本的な知識が国会議員にあれば、靖国参拝問題など存在しないのです。

from:ジャーナリスト水間政憲 http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
Secret

TrackBackURL
→http://syumusyu.blog.fc2.com/tb.php/81-9d125d92