from:わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2594号
3月30日、パラオ共和国の領海内で違法操業していた中共漁船が、パラオの海上保安庁のような機関に拿捕された。

事件は 4月4日中共でも報道されたようで、たまたま、4月16日からパラオに入国していた「日本地雷処理を支援する会(JMAS)」の人々が翌4月17日、駐パラオ日本大使から聞いている。違法操業をした中共漁船はパラオ官憲の忠告を無視して逃走したので、パラオの同ナショナル レインジャ―が発砲し結果、中共漁船の船長は足を射たれ出欠多量で死亡。残りの乗組員は船ごとパラオ側に拿捕された。

これに対し、中共政府はマリアナ地域駐在の大使をパラオに派遣したが、パラオ側は大統領が相手にせず、国務大臣以下の役人を当てたとされます。

併せて、パラオ政府は北京から派遣された三ヶ所の主なる報道機関員も無視して取材に応じなかった。

しかし、日本からの地雷処理関係者との会合では大統領自ら出席したそうです。

結局、中共政府は当該違法漁船をパラオに取られ、またしかるべき罰金を払わされ、自らチャタ―した飛行機で自国の漁船員を連れ帰ったそうです

これは、「シャ―ク(鮫)とドラゴン(竜)の闘い!」で絶対譲れず、負けられない主権の問題!

パラオの〃海上保安庁〃役人は日本からの地雷処理関係者たちにそのように語ったそうです。

そこへ来ると我が国…経済大国のつもりのエセ政治屋と役人たちとヤクザ記者たちは、終始外国と外国人から「どう見られているか?」を気にしつつの劣等感体質のまま。

その癖、国連や世界から非難攻撃されても平気で野蛮な国々にも言いなりになり、且つ土下座することしか知らない。

詰まり、自らの国家観も主権も領土も国民を守る気概も気運もなく、世界中からもの笑いとなり、馬鹿にされ、信用も信頼もされない為政者ばかりが政党の別なく続いといる。(浜田 實)
Secret

TrackBackURL
→http://syumusyu.blog.fc2.com/tb.php/51-dc311a02