2017.07.28 徒然なる
“情報”が洪水のように溢れ出る様は最近の水害被害の報道写真を見るおもいである。
歴史も文化も精神も社会もが、町が流木と土砂の埋もれた風景に呆然と佇む訳にはゆかない。
『状況証拠?→疑惑報道?→劇場化→争点移動→消耗戦→発言箇所追及→納得説明を!』の繰り返しに終止符を打たなければならない。昨今の水害被害は林業と都市構造の土木政策の欠陥である。
「森友」や「豊洲」や「加計」劇場の幕が下りたら次は「議員の資質」かな?
さてどうするか、敵を知ることが大切、下記を参考になるのではないだろうか。

「サイコパス」 What is Psychopath ?
◇多くの専門家が挙げるサイコパスの特徴の一つが、口達者で社交性があり、表面的には魅力的に見える事です。
◇自分自身を偉大な人物や同情すべき「可哀相な人」に見せるためにサイコパスが使う技の一つが嘘をつくことです。
◇サイコパスは他人を利用するために「可哀相な人のふり」をして同情を引こうとするという手をよく使います。
◇サイコパスは言葉と行動が全く噛み合わず、普通の人から見ると信じられないくらい無責任な印象を受けます。
◇サイコパスは言葉と行動が全く噛み合わず、普通の人から見ると信じられないくらい無責任な印象を受けます。
◇サイコパスは責任を追求されて心理的に追い詰められると、逆ギレしてその牙をあなたに向けることがあるかも知れません。
◇サイコパスは愛情や良心を持たないというだけでなく、あらゆる面において感情が希薄で表面的であるという特徴があります。 (http://www.psy-nd.info/ より収録)
・・・・
はじめに
脳科学が明らかにする「あなたの隣のサイコパス」
ありえないようなウソをつき、常人には考えられない不正を働いても、平然としている。ウソが完全に暴かれ、衆目に晒されても、全く恥じるそぶりさえ見せず、堂々としている。それどころか、「自分は不当に非難されている被害者」「悲劇の渦中にあるヒロイン」であるかのように振る舞いさえする。
残虐な殺人や悪辣な詐欺事件をおかしたにもかかわらず、まったく反省の色を見せない。そればかりか、自己の正当性を主張する手記などを世間に公表する。
外見は魅力的で社交的。トークやプレゼンテーションも立て板に水で、抜群に面白い。だが、関わった人はみな騙され、不幸のどん底に突き落とされる。性的に弄放であるため、色恋沙汰のトラブルも絶えない。
経歴も詐称する。過去に語った内容とまるで違うことを平気で主張する。矛盾を指摘されても「断じてそんなことは言っていません」と、涼しい顔で言い張る。
――昨今、こうした人物が世間を騒がせています。
見過ごせないのは、この種の人間を擁護する人が少なくないことです。
「彼/彼女は騙されてああなってしまったのだ」 「けっして悪い人じゃない。むしろとても魅力的だ」
といった好意的な反応が、テレビのコメテーターから一般の方まで、少なからず出でくるのです。時には「信者」 であるかのような崇敬を示す人までいます。
そうした人たちは、きっと知らないのでしょう。
彼/彼女らが、高い確率で「サイコパス」だということを。
( http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6741.html   より収録7/28)
Secret

TrackBackURL
→http://syumusyu.blog.fc2.com/tb.php/258-9b332f22