西村幸祐『21世紀の脱亜論――韓国・中国との訣別』(祥伝社新書)
 歴史的にみれば聖徳太子、菅原道真、荻生狙徠。そして福沢諭吉
      日本が未曾有の危機に直面すると、必ず現れるのが「脱亜論」である
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 福沢諭吉は130年前に警告した。悪友とのつきあいを止めようと提唱した『脱亜論』の動機は朝鮮独立運動を支援し、その過程で背後にいる清の抜きがたい華夷秩序という障害、その時代錯誤だった。日本は、こうした国々とまともに付き合ってはいけない。悪友とはおさらばしよう、と福沢諭吉は言った。
 こんにち、日本をとりまく状況があまりにも似てきた。いまの東アジア情勢は、日清戦争前と構造的にはそっくりではないのか。
 中国共産党は『抗日戦争七十年記念』と称し、日本を威嚇する目的での軍事パレードを行う。これが中国のいう「新常態」である。まさにニューノーマルとはアブノーマルのことである。
 英国はトラファルガー勝利の日に、国家行事を行う。豪とニュージーランドは『ガリポリの闘い記念日』を制定し、祝日とした。軍事パレードもおこなう。ガリポリでは両軍ともに惨敗したにもかかわらず。
 日本は日清日露戦争の『戦捷記念行事』を国家として執り行ったことがない。まさに国家の要件を欠く、不思議な、堕落した国家と成り下がった。
 西村氏によれば「醜い」、「畸形国家」が日本だという。
 『近代化の礎を築いた偉大な日清戦争と日露戦争の勝利を祝うことが出来ないほうが、はるかに醜態ではないか』とする著者はどうしても福沢諭吉の警世の書を持ち出して比較し、なお、この歴史的意義を探るのである。
 また筆者に拠れば脱亜論は日本史のなかで四回あったという。
 歴史的にみれば聖徳太子、菅原道真、荻生狙徠。そして福沢諭吉という列になり、聖徳太子が遣隋使を使わして隋の煬帝へ送った書「日出ずる処の天子」云々。二番目は菅原道真の遣唐使廃止という英断。そして三番目は江戸国学の台頭と朱子学への訣別、つまり「中世世界からの脱亜」だったという。
たしかに歴史をひもとけば、危機に直面すると現れるのが脱亜論である。
 新書版ながら中味はぎっしりと読み応えがある。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ジョージ・T・ラッド著、桜の花出版編集部扁『1907』(桜の花出版)
日本の韓国合邦は理屈に合わないほどの持ち出しだった
       現地で日本の思いやりを目撃したアメリカ人のレポートがでてきた
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「日韓合邦」から百五年の歳月が流れた。そして歴史の真実はながく闇に埋もれ、植民地侵略史観が日本の歴史教科書や論壇を席巻し、メディアは自虐史観のまま、的外れの議論に血道を上げている。
 日韓合邦直前に朝鮮を訪問し、実情を記録したアメリカ人学者がいた。
 ありありと当時の様子を活写したのはイェール大学教授のジョージ・トランブル・ラッド博士だった。
 その記録は第一級史料であり、これは奇跡的に日の目を見る書物かもしれない。
 ともかくラッドは何回か来日しているが、驚くべし、伊藤博文、東郷平八郎、大山厳、乃木希典など日本の近代史に輝ける英雄達に面会していることである。
彼は当時の日本の政治指導者がいかに武士道精神に富む一方で他人をおもんばかる配慮に富む人々であったかを情景描写を加えながら、記録に残したのだ。
 「隠者の王国なるものを見るという考えはアメリカを離れる前にわれわれの心の中にあったが、その可能性は(日本に行っても)相当低いと思っていた。しかし日本に到着して間もなく、それをほのめかすような話が何度か親しい友人からあった。」
 かれは鍋島の日本式庭園で伊藤博文の秘書官と会い、後日面会したおりに『朝鮮は安全ですか』と問うと、伊藤博文は「わたしがあなたを断固守ります」と拳を振り上げた。
 「伊藤はつねに穏健派で、日本と他の国ぐにすべてとの間に友好的な関係を培うことに賛成の立場だった(中略)。彼の政策は武力で懲罰と抑圧をなさんとする者達によって反対されていた。」
 しからば現地からの差別、抑圧的などいった報告があったが、ラッド博士が注目したのは、これらの報告の大方が、『アメリカ人宣教師』が現地の噂を聞き込んできたもの、実際の現場の声とはいえなかった。そういう誇張や嘘が、『事実の一面として、どんどん海外に広まっていった』という側面を捉えている。
 やがて九州での講義を終えた博士は、実態の朝鮮を視察するために半島へ渡った。
 其の記録が英和対照で浩瀚な書物となった。
Secret

TrackBackURL
→http://syumusyu.blog.fc2.com/tb.php/214-06fcbc0d