移民政策を取った欧州の現状 – 日本人より生の報告をご紹介 八重桜の会ブログ記事より
(ASREAD2014/10/11より)
【スイス、ハンガリー、オーストリアの移民政策後の状況】
もともとフランス系、ドイツ系の入り混じる多民族国家であったスイスにこの夏に長期滞在した日本人で八重桜の会の運営メンバーからの報告。もう一つは「外国人家事・育児労働者に関するアンケート」で、期限外となってしまったためアンケートでは紹介できなかったものの大変有用なコメントを日本人女性の方からいただきましたので、それを紹介します。

スイスの20%くらいがドイツからの移民だそうで、スイス人との結婚も多い。
ドイツ、イタリア、フランスからの移民とは兄弟姉妹のように同じ価値観を共有しているが、文化的な背景が違うハンガリーやポーランドとは軋轢がある。
首都ベルンの周辺は街が少しすすけている。線路に沿って落書きが続いている。イスラム文化はあまり入りこんではいないようだ。モスクは見当たらないが、ベールを被った女性はよく見かける。レストランはタイ料理が目立ち、ウエイターもタイ人が多い。
駅のトイレは2スイスフランで男女の別なし。
お掃除は黒人の男性。

スイスは医師、看護師が不足。それをポーランドなどの移民が補うため、スイスのためにはよいが、ポーランドでは深刻な看護師不足となり社会問題となっている。
賃金の高い国に技術者が集まり、豊かな国はより豊かになる。

スイスの教育は全て国立なので基本は無料だが、専門によっては家から通えないケースが多々あり、アパートと生活費の負担が大変。
豊かな家が高い教育をという連鎖。

スイス、ウィーン、ブタペストをまわり感じたこと。
民族が入り混じるスイス。多民族国家には覚悟があるということ。
医療、学校、福祉は完璧だが、税率は高い。兵士がたくさんいて、国を守っているのがわかる。
生きる覚悟をきちんと教えている。
物価は高いが、アメリカの侵略から経済を守っているのがわかる。大きな外資系スーパーはない。食の安全に関しても国民の意識は高い。
子供達もおやつにスナック菓子を食べずに、キュウリやパプリカ、全粒粉のパンを持ち歩く。
核シェルター普及率 日本は0.02%、スイス・イスラエルは100%

オーストリアはハプスブルク家によりつくられた小さなおとぎの国だ。
ウィーンでは移民がたくさん働いている。トイレ、清掃など肉体労働は黒人。
レストランは様々な人種が働く。
タクシードライバーはイラン人だった。
ハプスブルク家の権力を今だに見せつけられる白人優位社会。
ハンガリーは社会主義の名残がある。
ヨーロッパ大陸で初めて敷かれた地下鉄の一号線は浅く、天井も低い。古い車両のつり革は今でも皮。
人々の表情はあまり明るくないが、話すとユーモアがありガラッと変わる。
一流レストランのウェイターが一緒に写真を撮り、メイン料理を「Macチーズバーガー」と真顔で給仕したり。
大きなスーパーはない。「SPAR」が街中にたくさんあり、食料は安い。
レストランは日本と同じくらいの値段か。屋台のランチが一皿600円くらい。レストランで夜は3000から5000円くらい。高いところはそれなりに高級なのでランチだけ挑戦。
お料理は美味しい。
肉の味に薬臭さがない。(アメリカの肉は臭い)

ハンガリーは90%はハンガリー人(マジャール人)で移民は少ない。黒人もいるが、肉体労働もハンガリー人がやっている。
スイス、オーストリア、ハンガリーともに農業を大事にしている。ハンガリーの美しい丘陵、スイスの手入れされた山、オーストリアの平原の美しさ。
空気がきれいで、空が青い。

標識は、スイス、オーストリア、ハンガリーとも自国語標識だけ。
民族の独立と国家への忠誠を感じる。至るところに国旗が掲げられている。

ハンガリーはかつてトルコ人に支配された時に、キリスト教会がイスラムのモスクに改装された苦い歴史をもつ。
国の独立を勝ち取ることがいかに大変かを知り尽くしている民族だ。
単純労働の移民は受け入れていない。
【スウェーデンにおける移民達の実情】
2年前に6年間位、スウェーデンのストックホルムの移民が沢山居る地域に住んでいました。
外国人は身分証明の提示等余程の事情が無い限り家に入れる事自体が危険な状態でした。
長年の移民政策の結果、肝心のスウェーデン人が外国人に気を使い、小さくなって暮らす?とても治安の悪い国になっていました。
近くの学校は滞在中、2回も放火され、放火した子供達は移民という事もあってか? ほとんど無罪放免です。

 彼らは駐車場や路上駐車中の車にも放火度々し、時には公衆電話も壊され、しまいには近くの広場の銀行も襲撃されたので少し離れた街に移転してしまいました。 残ったATMも壊され、日本に帰国する頃には本当に不便な街になっていました。
 これらの事は日本人には考えられない事ですが、彼らの間では何も問題は無いのでしょう。
海外に住んで移民政策の現実を目の当たりにし、比較的平和な日本をこの様にしてはいけない、子孫の為にも高度人材にせよ、家事サービスにせよ外国人が増える事は、移民を受け入れる事になるのですから絶対に阻止するべきです。
———————————————————-
 スウェーデンの移民に関する動画は多数YouTubeに上がっていますが、それを裏付ける報告ですね。
 さて、ここで八重桜の会として問題提起したいのは、「仮に大量の移民を受け入れたら、日本はスイスやオーストリアにより近い形になると思いますか?それともスウェーデンのようになると思いますか?」ということです。
 「スパイ防止法もなく、他国語、それも英語だけでなく、仮想敵国の国の言葉の標識まで掲げ、学校で日の丸を掲げることが日本人の間で議論になってしまう。
島国という環境も幸いしていたが、これまで「国の独立」のありがたみを考える機会が少なかった日本人。
階級社会ではなく、過去の歴史においても奴隷制度がなかった数少ない国、日本。
その日本で、外国人労働者や移民を受け入れていいのですか?」ということです。

その意味で、日本はアメリカやシンガポールなどの移民国家はもちろん、
スイスとも全く違う状況であることがお分かりいただけるのではないでしょうか。
 ちなみにそのスイスですら、移民を制限する国民投票が今年可決しました。
スイスが国民投票で移民規制支持
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA1802820140210

 「他国に倣って移民を受け入れるのが、グローバルスタンダードだ!」
という面々の主張の空虚さは、他国の事例や歴史を研究すれば研究するほど
明らかになっていくのではないでしょうか。
(ちなみになぜかこういう方は、「他国に倣ってスパイ防止法を制定するのが、
グローバルスタンダードだ!」とは言わないですね)

 体験談と言えば、八重桜の会ブログ人気記事のこちらもぜひどうぞ! ↓
外国人メイドを雇ったことのある日本人女性の体験談をご紹介
http://www.sakuranokai.org/article/401405288.html
・・・・・・
“多民族共生の社会をめざす”の美辞麗句は“国家解体屋”さんのあま~ぃ囁きだ!
Secret

TrackBackURL
→http://syumusyu.blog.fc2.com/tb.php/206-26bf8cda