欧米各国で孔子学院を閉鎖へ

 孔子学院の閉鎖が北米大陸から欧州へ飛び火した。
 米国では大学教授連合の強い抗議によりシカゴ大学、ペンシルベニア州立大学が、くわえてカナダのマクマスター大学が同院を閉鎖した。

 スウェーデンのストックホルム大学も「中国との交流窓口」ということだったうえ、中国政府が資金を提供するというので許可したが、ついに「孔子学院」の閉鎖を決定した。
同学院は語学研修機関という触れ込みなのに、中国共産党が司令する教科書や、政治プロパガンダが為されており、従前から学内外で批判の声が上がっていた。

 ストックホルム大学副総長は「政治的影響があることは明白な事実だ」と強い批判を展開した。

 孔子学院は中国政府が政治宣伝の一環として、外国の若者を大五列にするため、膨大な資金と講師の提供をしてきたが「これはトロイの木馬」であり、「中国共産党の宣伝工作をしつつ、将来的にスパイを養成する目的が含まれている」と世界的規模で批判されてきた。
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成27年1月14日(水曜日)弐より
Secret

TrackBackURL
→http://syumusyu.blog.fc2.com/tb.php/205-9f5fa233