アメリカの鏡、日本
    池田 元彦

 戦後GHQの下で労働政策に関与した「アメリカの鏡・日本」の著者ヘレ ンミアーズは、極めて公平な日本への評価、及び米国の偽善を厳しく暴き出した。日本の帝国・植民地主義を米国が裁く権利等ない、何故なら日本は米国の鏡そのものなのだ、が題名の趣旨だ。

 当時WW2を勝利で終結したルーズベルト(FDR)を批判し、日本擁護の内容で黙殺された為、一部の知識人しか彼女の名前も著作の存在も知らない。マッカーサーが発禁処分したこと等もあり、完全な翻訳本は終戦から丁度50年後の1995年出版にされた。

 インディアン虐殺、黒人奴隷を恥じ、宗教的理想主義と義務感から戦後米国は後ろめたさを抱え、米国を代表する大統領が黒人系と迄なった。移民を積極的に容れ自ら人種の坩堝と称した。歴史・文化・宗教・伝統が異なる人工的実験国家は理想の実現化だった。

 今や、白人は少数化し黒人も10%、それ以外は多産のヒスパニックを中心に中国、韓国系を含むアジア系人種がカリフォルニア等に住み着き、2050年には、白人種は少数人種に陥落する見込みだ。米国納税者の下位50%は、全納税額の3%しか納税していない。

 即ち、アメリカ建国の理想である、白人系、プロテスタントの自由な国家形成は、いつの間にか、有色人種、非プロテスタントが多数を占める多文化共生の国になりつつある。人種、性別、宗教、更には収入迄、結果平等を旨とする国家に変貌しつつある。

 その結果、雇用等で数値目標何%の女性、何%の黒人、アジア系といった逆不平等が正当化されている。ヒスパニックの不法入国を許容し、不法入国者に学資補助を与え、採用試験では学力上位の白人が落とされ、レベルの低い有色人種、女性が採用されている。

 私生児出生率は40%以上、黒人では70%以上だ。10代の若者死因第3位は「自殺」だ。1960年から30年間で殺人・強姦等の凶悪犯罪は550%上昇した。OECD実施のPISA(学力テスト)では米国は17位と低いが、白人だけ取上げると世界第3位と俄然高くなる。

 同様の諸問題が欧州でも起きている。ヒスパニックをイスラム教徒か中国人に入れ替えれば状況、問題は同じだ。欧州のイスラム系移民は、今や自らの政治的権利や宗教を主張し、賛同する左翼政権により結果平等の生活保護や福祉を享受するが、反国家を表明する。

 即ち、移民と不法入国で移民先国の都市毎に過半数を占め、地方自治体を占領し都合のいい立法を推進し、最終的には該当国国会を占拠し、イスラム国家とする戦略だ。帰化だけではなく未国籍取得者の地方参政権の獲得も方策の一部だ。一国の乗っ取りだ。

 米国憲法には、何処にも平等とか民主主義という言葉はない。日本国憲法が保障するのも「法の下の平等」だけだ。何時誰が民主主義だとか、平等を言い出したのか。自由こそが人権の根源なのだ。数値目標等結果平等は、どの共産国でも実現しない欺瞞の絵空事だ。

 欧米が多民族文化共生政策で行き詰まり、移民による強盗、強姦や暴力、宗教の強制で安心な旅行も出来なくなりつつある。日本も滞在外国人が増え、同様のリスクが増大している。問題は人種ではなく、宗教風俗習慣を移民先に持ち込み、絶対に同化しないことだ。

 安易な10年間2千万人移民等、日本崩壊を目指す反日日本人の手口に乗るべきではない。
(わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」3471号)より転載


Secret

TrackBackURL
→http://syumusyu.blog.fc2.com/tb.php/189-5d8d964d