田原総一朗が転向か?

田原総一朗「教育勅語をいまでも僕は暗唱できる。現代にも通じる、大事な教えである」

☆「勉強したら分かった、日本は侵略戦争なんかしてない、アジアを開放するために戦ったんだ」(田原総一朗)

☆「維新八策」期待はずれ。橋下ブームは下火になるのではと僕は懸念する。(田原総一朗)

☆「日本の原発の技術は世界最高の水準である。世界中の誰もが認める事実だ」(田原総一朗)

☆「原発は危険だからやめよう」では文明の歴史に反する(田原総一朗)

☆たとえば脱原発しても、今の原発を20年近く使い続けるしかない。(田原総一郎)

☆【原子力の代替として、再生エネルギーよりメタンハイドレートがはるかに有望】(田原総一朗)

☆「僕は、旧宮家の復活には反対ではない」(田原総一朗)

(「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」より引用)

教育勅語原本 52年ぶり確認 「今後の道徳教育考える一助に」
 ■父母への孝行・博愛…再評価の声高まる
 半世紀ぶりに所在が確認された「教育ニ関スル勅語」(教育勅語)の原本。戦後は学校現場から排除され、“軍国主義教育の象徴”というイメージが独り歩きするようになった教育勅語だが、近年、いじめなど道徳の荒廃が問題となる中で、その内容を再評価する声も高まっている。
 「(教育勅語には)至極まっとうなことが書かれており、当時、英語などに翻訳されて他国が参考にした事例もある。ただしその後、軍国主義教育の推進の象徴のように使われたことが問題だ」
 下村博文文科相は8日、教育勅語の原本が確認されたことと絡めてこう述べ、内容そのものには問題がないとの認識を示した。
 明治23(1890)年に発布された教育勅語で示されたのは、(1)父母への孝行(2)兄弟姉妹の友愛(3)夫婦の和(4)友達の信(5)謙遜(6)博愛(7)修学習業(勉学に励み職業を身につける)(8)智能啓発(知識を養い才能を伸ばす)(9)徳器成就(人格の向上)(10)公益世務(世の中のためになる仕事に励む)(11)遵法(じゅんぽう)(12)義勇(国難に際しては国のために尽くす)-の12の徳目
 翌24(1891)年から謄本が全国の小学校に配布され、修身(道徳教育)の根本規範とされたが、戦後は連合国軍総司令部(GHQ)の圧力などで学校現場から排除された。
 ただ、戦後教育史が専門の貝塚茂樹・武蔵野大教授によれば、当時、GHQの中にも教育勅語の内容を評価する声があり、GHQ民間情報教育局を中心に、昭和天皇による新しい教育勅語を発布することも検討されていたという。
 「教育勅語には万国共通の普遍的な価値が示されている。結局、天皇に否定的なGHQ民政局の圧力で排除され、“軍国主義教育の象徴”とみられるようになったが、戦後はその内容についてほとんど検証されることはなかった。いわば問答無用で教育勅語が否定されるとともに、道徳教育そのものも敬遠され、それが学校教育の荒廃につながっているとみる意見もある」と、貝塚教授は指摘する。
 いじめや校内暴力、不登校などが問題となる中、教育勅語に示された徳目の意義は小さくない。
 文科省幹部の一人は「半世紀ぶりに原本の所在が確認されたことを機に、意義や内容についての検証が進み、今後の道徳教育のあり方を考える一助になれば」と話している。
(産経新聞 4月9日(水)7時55分配信)
Secret

TrackBackURL
→http://syumusyu.blog.fc2.com/tb.php/164-c65222d6