靖国神社参拝を終え安倍首相談話
(26日午前11時53分)
首相参拝

「恒久平和への誓い」

 本日、靖国神社に参拝し、国のために戦い、 尊い命を犠牲にされた御英霊に対して、
哀悼の誠を捧(ささ)げるとともに、尊崇の念を表し、 御霊(みたま)安らかなれとご冥福をお祈りしました。
また、戦争で亡くなられ、靖国神社に合祀(ごうし) されない国内、及び諸外国の人々を慰霊する鎮霊社にも、 参拝いたしました。

 御英霊に対して手を合わせながら、 現在、日本が平和であることのありがたさを 噛(か)みしめました。

 今の日本の平和と繁栄は、今を生きる人だけで 成り立っているわけではありません。
愛する妻や子どもたちの幸せを祈り、 育ててくれた父や母を思いながら、
戦場に倒れたたくさんの方々。 その尊い犠牲の上に、私たちの平和と繁栄があります。

 今日は、そのことに改めて思いを致し、 心からの敬意と感謝の念を持って、参拝いたしました。

 日本は、二度と戦争を起こしてはならない。
私は、過去への痛切な反省の上に立って、そう考えています。 戦争犠牲者の方々の御霊を前に、今後とも不戦の誓いを 堅持していく決意を、新たにしてまいりました。

 同時に、 二度と戦争の惨禍に苦しむことが無い時代を つくらなければならない。
アジアの友人、世界の友人と共に、世界全体の平和の実現を 考える国でありたいと誓ってまいりました。

 日本は、戦後68年間にわたり、自由で民主的な国をつくり、ひたすらに平和の道を邁進(まいしん)してきました。
今後もこの姿勢を貫くことに一点の曇りもありません。
世界の平和と安定、そして繁栄のために、国際協調の下、今後その責任を果たしてまいります。

 靖国神社への参拝については、残念ながら、政治問題、外交問題化している現実があります。

 靖国参拝については、戦犯を崇拝するものだと批判する人がいますが、 私が安倍政権の発足した今日この日に参拝したのは、 御英霊に、政権1年の歩みと、二度と再び戦争の惨禍に 人々が苦しむことの無い時代を創るとの決意を、お伝えするためです。

 中国、韓国の人々の気持ちを傷つけるつもりは、全くありません。靖国神社に参拝した歴代の首相が そうであった様に、人格を尊重し、自由と民主主義を守り、中国、韓国に対して敬意を持って友好関係を築いて いきたいと願っています。

 国民の皆さんの御理解を賜りますよう、お願い申し上げます。


参拝はいつ?”今でしょ!”
鎮霊社
鎮霊社
・・・・・・
安倍首相の靖国参拝に「失望」した米大使館声明に「失望」した
  本国のエンドースはあったのか、国務省は正式な追認をしていない

****************************************
 どうやらケネディ大使の「暴走」ではなかったか?
 首相の靖国参拝に「失望」(disappointted)という語彙を用いること自体、外交儀礼を書いている。友好国に用いるべきではなく、外交の素人としか言いようがないのが、今回の米国大使館の声明だった。

 ワシントンの本省ではサキ報道官が「在日大使館の声明を読んでください」と言っただけで、公式的に声明を追認していない。ホワイトハウスは沈黙したままである。
 
 こうみてくると先の参拝批判はケネディ大使の暴走ではないのか。もとより外交にずぶの素人を送り込んできたオバマ政権、同盟国への配慮が足りないようである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ◆書評◆ 
 『自立国家への道』渡部昇一(到知出版社)
靖国神社参拝は日本人の宗教的感情と行為であり、これを批判するのは
     ウェストファリア条約に違反した野蛮国がなすこと、軽蔑するほかはない!

 どうも、この本が安倍首相をして靖国神社参拝を決断させたのではないか。渡部氏は、しきりに安倍首相に「ガッツをもて」と説いておられるうえ「日本を間違った方向へ導いてはならない」と警告している。
「他国の宗教に介入するのは野蛮国である」とする基調で貫かれている本書は、ウェストフェリア条約の基本精神を演繹されている。
すなわちヨオロッパは十七世紀の宗教戦争の結果、1648年にウェウストファリア条約の成立をみたが、これは「他国の宗教に介入してはならない」と規定している。
「以後、先進国はこの規定を守り、内政に干渉することはあっても宗教には一切干渉することはなくなった」
しかるに最初に条約をヒトラーがやぶり、ついでマッカーサーが規定を無視して日本に神道指令を押しつけ、「戦勝の勢いに乗って靖国神社を焼き払おうとした」こともあった。
「三つ目のウェウストファリア条約違反は、いまの中国と韓国による靖国参拝批判だが、これは野蛮国のすること」だとされる渡部氏は、韓国をさらに批判して「歴史認識にすり替えている」と分析される。
「靖国神社問題は純粋に宗教の問題です。先祖、先人の霊を慰め供養するというのは、長い歴史と伝統によって培われた日本人の宗教的感情であり行為です。国のため命を捧げた人々を慰霊する靖国神社参拝は、この日本人の伝統的宗教感情の発露に他なりません。中国と韓国の剥きだしの対日批判は、日本人のこの宗教行為に手を突っ込み、伝統を破壊しようとしている、ということです。こういうのを野蛮というのです」
 したがって、「こういう国は軽蔑する他はありません」と論旨明快にして日本の対場をあざやかに代弁した快著である
『「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成25年12月28日(土曜日)貳通巻第4103号』より
※キャロライン米国大使に靖国参拝を勧めるべき!案内は黒田清子様か高円宮妃が適任では?
<追記>
安倍総理靖国参拝のこと。
マスゴミが隠蔽する、中韓以外のアジア諸国及びアメリカの本当の声
........................
★シンガポール リー元首相:「靖国問題も中国が心理的なプレッシャーをかけているだけ」
★ Singapore former Prime Minister Lee: "China is just putting some psychological pressure on the Yasukuni issue.
★台湾、李登輝元総統(中華民国亡命政権の偽総統):「国のために命を亡くした英霊をお参りするのは当たり前の事。外国が口を差し挟むべきことではない」
★ Taiwan, Lee Teng-hui former President of ROC in exile(Lee was not the President of Taiwan): "Praying to the spirits of those who lost their lives for the country is the right act, it is not the issue that foreign countries should interfere in! "
★参拝に理解、カンボジア、フン•セン首相は:阿部への彼の理解を示すように「戦没者の霊を弔うためはもちろんである"と言う。
★Cambodia, Prime Minister Hun Sen: Says " To mourn for the spirits of the war dead is a matter of course" to show his understanding to Abe.
★インドネシア:ユドヨノ大統領:「国のために戦った兵士のためにお参り、当然」靖国参拝に理解!
★ Indonesia President Susilo Bambang Yudhoyono: " praying for the soldiers who fought for the country, of course," understanding Abe's visiting the Yasukuni Shrine.
★ベトナム:「我々は中国や韓国のような卑怯な外交手法をとるつもりはない」
★ Vietnam: "We will never do the cowardly diplomacy techniques such as China and Korea."
★マレーシア、外相:「過去は過去である」
★ Malaysia, Foreign Minister: "The past is the past" : I guess he means [That is already over and done with.] C.K. Chen
★タイ:「参拝を支持」
★ Thailand: "We support the worship"
★インド:「参拝を支持する」
★ India: "I support the worship"
★パラオ、レメンゲサウ大統領:靖国参拝に「すべての人のために祈るのは正しいこと」と支持を表明.
★ Palau, Remengesau: President expressed supporting [Abe's visiting Yasukuni, "Praying for all people is the right thing".
★ソロモン諸島のケマケザ首相:「日本とソロモン諸島の共通の文化は先祖に感謝すること。英霊が祭られている場所を拝見したい」
★ Kemakeza Prime Minister of Solomon Islands: "It is the common culture of the Solomon Islands and Japan want to look where the spirits of the war dead to thank the ancestors are enshrined."
◎ここからはアメリカの声: The voice of the United States
★マイケル・オースリン氏:「日本が対処すべき問題で、在日米大使館はあのような声明を出すべきではなかった。米政府は関係国の解決に向けた努力を促すべきで非難すべきではない」
★ Michael Osurin : It is the Issue for Japanese to deal with! The U.S. Embassy should not have put out a statement like that! It should be the one to encourage the countries concerned to effort to resolve the issue.
★米ジョージタウン大 ケビン・ドーク教授:「靖国参拝は日本国民と、民主的な選挙で国民から選ばれた安倍首相ら国会議員が自身で決める、日本のすこぶる国内問題だ。中国と韓国がなぜ、この日本の国内問題に首を突っ込むのか、いまだに理解できない」
★ Kevin Doak Professor of US Georgetown University: It is very much the Japanese interior home issue, and it is the question of how the Japanese parliamentarians and Prime Minister Abe who were chosen by the people of the Japanese people, with democratic elections to decide on its own. I really could not understand why Chinese and Korean pry into the internal affairs of Japan!
★シーファー元駐日大使:「アメリカ政府は、日本の靖国参拝に干渉することはない」
★ Schieffer former ambassador to Japan: "The U.S. government does not interfere in the visit of Yasukuni Shrine in Japan"
★ウォーツェル米中経済安保調査委員長:「『歴史認識非難』は単なる対日攻撃手段、靖国参拝、中止すべきでない」
★ Wartzel the chairman of the U.S. economy in security research committee : "The Blaming on historical awareness is simply the means of attacking against Japan, visiting Yasukuni and worship at the Shrine should not be stopped!"
★トーマス・スニッチ氏:「中国には日本の戦没者追悼に対し一定の方法を命令する権利はない 」
★ Thomas snitch said: "China has no right to command a certain way for the Remembrance of Japanese war dead.
★アーサー・ウォルドロン氏:「事の核心は日本に対し覇権を確立したいという中国の野望だ」
★ Arthur Waldron said: "The core of bashing Abe's visiting Yasukuni is nothing but the Chinese ambition of wanting to establish a hegemony against Japan"
(平成25年12月29日、なでしこりんブログより転載)


ヒゲの隊長、靖国参拝報道に疑問 「英文読んだのか
<靖国神社参拝を、外交・政治問題化しているのはマスコミではないか。>
ヒゲの隊長」こと佐藤正久参議院議員が、安倍首相の靖国参拝に対する報道のあり方に疑問を呈している。12月26日にアメリカ大使館が出した声明に対して、マスコミは英語で書かれた正式声明を読まずに、仮訳の一部だけを切り取って報道することで、国民を煽っているのではないかと自身のFacebookで指摘しているのだ。
佐藤議員はまず、英語版と、日本語版の文章を比較。それぞれの単語を突き合わせて、声明はバランスを考えた表現、言葉使いではないかと述べている。
(報道されている声明の日本語訳は以下の通り。)
 
「日本は大切(valued)な同盟国であり、友好国である。しかしながら、日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化(exacerbate)させるような行動を取ったことに、米国政府は失望(disappointed)している。
 
米国は、日本と近隣諸国が過去からの微妙な問題に対応する建設的な方策を見いだし、関係を改善させ、地域の平和と安定という共通の目標を発展させるための協力を推進することを希望する。
 
米国は、首相の過去への反省と日本の平和への決意を再確認する表現に注目する。」

disappointedがどれほど強い表現なのか、佐藤にはregretよりは軽い表現にも思えるし、文脈そして日本語感覚的には「失望(望みを失う)」ではなく、大切な同盟国(valud ally)の日本のリーダーが取った行動は「残念」に思う、と言った感覚のように思える。

何に「残念か」といえば、周辺国との緊張をexacerbateさせるような行動を取った行動に対してだ。日本語的にも緊張を「悪化」とは言わない。「悪化」ではなく、緊張を「より高める(exacerbate)」行動に「残念」というのが正しい感覚ではないか。(「佐藤正久氏のFacebook」より 2013/12/29)
佐藤議員はさらに、声明の最後の部分で、アメリカ政府が安倍首相の考えを認識した点も、同様に報道するべきだと指摘する。声明の最後の文章を、ハフポスト日本版流に訳すと次のようなニュアンスになるのではなかろうか。
(英文)「We take note of the Prime Minister’s expression of remorse for the past and his reaffirmation of Japan's commitment to peace.」
 
(ハフポスト日本版訳)「首相が過去の歴史を悔やみ、日本の平和実現に対する献身を示したことは我々も認識しました」

(アメリカ大使館「Statement on Prime Minister Abe's December 26 Visit to Yasukuni Shrine」より 2013/12/26)
なお、現在アメリカ大使館のFacebookページでは、12月26日に投稿されたクリスマスの写真に対し、「靖国参拝について何か言われるのは内政干渉」「これまでに我が国の誰がアーリントン墓地を否定したと言うのか」などのコメントが、600件以上投稿されている。

Secret

TrackBackURL
→http://syumusyu.blog.fc2.com/tb.php/150-d154659d