11月23日は「新嘗祭」、祝日法改正を!
新嘗祭を寿く
天壌無窮の神勅
新嘗祭神功

今日は、新嘗祭の日なので、それにちなんでお米の話をしてみたいと思います。

稲穂が稔り、収穫の時を迎える10月15日から25日には、伊勢神宮で「神嘗祭(かんなめさい)」が行われます。
これがどういう行事かというと、その年に取れた新らしい「穀」を、最初に神様に捧げて感謝するために、陛下が御神酒と御神饌(しんせん)を伊勢神宮に奉る祭儀です。

陛下は、お手ずから稲を栽培されますが、この時期に天照大神(アマテラスオオミカミ)様に、今年の作柄のご報告と感謝を捧げられるのです。

そしてこの神嘗祭に続いて11月23日に行われるのが「新嘗祭(にいなめさい)」です。
いまではこの日は国民の祝日として「勤労感謝の日」と呼ばれていますが、これは戦前から続いた新嘗祭を意識して、昭和23(1948)年にGHQが故意に名称を変えたものです。

勤労感謝がどうして11月23日かわかりませんが、新嘗祭については、記紀にも記載があって、仁徳天皇が新嘗祭を執り行なったという記述がちゃんと残っています。
新嘗祭は、古代から続く行事です。

この儀式は、宮中において、天皇が新米を神々に捧げて饗応するというもので、23日の夕方から始まって翌日の未明まで続きます。
(ねずさんメルメガより)
【新嘗祭】
本日、十一月二十三日は新嘗祭(にいなめさい、にいなめのまつり、しんじょうさい)です。
新嘗祭は天皇陛下がおでましになる三十を超える祭祀の中でもっとも重要であるとされ、民間の稲の収穫祭を起源とし、宮中でも古くから行われています。天皇陛下はその年に取れた米などの新穀を祖先神をはじめとする神々に供え感謝した後、自らも食するものです。
新嘗祭は神嘉殿の神座に天照大神の御霊をお招きして、米、粟をはじめとする穀物の今年の出来を奉告、感謝し、また新穀で作ったご飯やお酒を陛下がご自身で天照大神にお供えになり、ご自身でもお召し上がりになります。神がお召し上がったとみなされるお供え物を人が頂くことにより、その神霊を人の体内に取り入れることができるという考えによるものです。
神嘉殿の儀式は「夕の儀」(午後六時)と「暁の儀」(午後十一時)と同じことが二回繰り返されます。すべてが終了するのが二十四日の一時をすぎます。天皇陛下は堅い板の上に座布団も敷かずに二時間も正座しなければなりません。
この新嘗祭の御告文では今年一年の穀物の奉謝と国家、国民の幸福をお告げになって祈られます。
『新嘗の祭始まりぬ神嘉殿ひちりきの音静かに流れる』
今上天皇の皇太子時代の御歌です。”ひちりき”というのは神楽などで使う管楽器、笛みたいなもので、天皇陛下がお出ましになると神楽歌がはじまります。そのときの様子を詠まれたものです。
『歌う声静まりて聞こゆこの時に告文読ますおほどかなる御声』
神楽歌の歌が静まるころに天皇陛下が御告文を奉じるご様子を詠われています。皇太子殿下は祭祀のときは神嘉殿隔殿にいらっしゃいます。御殿には天皇陛下とお供えを手伝う巫女二人しか入れません。ですので、音や声にによってご様子を察して詠まれているのです。
私たちが毎日食べている食事は神話の時代に神の命と引き換えにもたらされ、天照大神が民に授けたものです。だから天皇陛下は新嘗祭で天照大神をお招きし、ひとつひとつの食をご報告し、奉謝し、国民の安寧を祈られるのです。日本人の食に対する感謝の原点が新嘗祭にあります。
《お写真》
陛下png
皇居内の水田でお稲刈りをなさる天皇陛下
(平成二十五年九月二十七日)

(「大日本皇國」のfacebookより)
Secret

TrackBackURL
→http://syumusyu.blog.fc2.com/tb.php/146-1ac4cb91