金くれ

朴正熙:完全かつ最終的な解決
金泳三:慰安婦の賠償は求めない
金大中:日本は謝罪した。私が謝罪を受けた
盧武鉉:任期中に過去史の話はしない
李明博:日本に謝罪は求めない
朴槿恵:最終的な解決

“煽り“の続き
いずれの民族にも神話があり、しかし失った民族もおります。神話はその民族の固有の歴史で固有の精神と文化が形成されてます。失った民族は世界史では滅びの歴史を刻む。
我國は有史以来の神話があり続けその縦軸の継承者が天皇であり、我国民と“かみ“の媒体者でもあります。したがって天皇は日本の精神文化の象徴でもあります。
この縦軸と日本歴史の横軸が直角では無く歪んで交わっていたのが戦後70年であった!

近代化は必然でありますが「國体」としての天皇と「政体」としての国会を理性で創り得なかった事が軍のファショを生み、当時の新聞の煽りが国際的孤立を深めて行き国際的謀略にも嵌って戦争へと進まざるを得ない状況となったと考えます。
近代化は進歩を伴います、しかし理性がなければ変革の名の下に社会構造と精神を壊します。これまでの改革!改革!改革!の喧騒から何を生んだのだろうか?

敗戦は「國体」の変則的な維持で民族としての矜持を失ってしまったのです。GHQの靖國神社解体にカソリック教団の反対で維持されたのが体たらく敗戦保守派なのです。
米国の建国以来の歴史を還りみれば、自由、人権、平等(マイノリティー)はこの国の文明が侵してきたことの裏返しでもあります。現在も滲みのように潜む人種差別。

敗戦でファショからの解放が明るく自由で民主的と錯覚したのでしょう。
“敗戦で民主主義は米国から云々”と化石のように唱える輩を生み出したのは左翼史観とGHQ占領政策と共同歩調を歩んできた結果です。国籍不明で反米ではないのです。

生まれた大地が夫々の祖国であり、その地で同胞の居る地を愛する愛国が必然であるはず。左翼は国家より権力が主眼で反体制、国家解体を秘めており現況の選挙対応を見れば明らかです。

「開拓」は有史以来の地を耕し国富を目指す農耕民族としての営為です。遅れて開拓した“北海道開拓は内国植民地化である”と宣わる輩は世界の多種多様な文化・精神を理解し得ない精神的未開拓者で、世界と連帯とは程遠いものでしょう。
彼らは故郷喪失者で自然破壊者となるでしょう。

平等(マイノリティー)は常に考えなければならないが多数を犠牲に成り立つものではなく、情の問題ではなく協調が前提であるべき。和をもって貴し!

煽りに惑わされず国民一人ひとり個々人の縦軸と横軸が直角に交わる努力が必要です。
平成27年12月12日記
2015.12.16 本日の記事で
慰安婦問題、こう着も=世論の後押し乏しく 時事通信 12/16/6-11
いわゆる従軍慰安婦問題などを議論する日韓局長級協議は継続となり、韓国側が当初、期待していた年内の決着は困難になった。双方の立場の開きが大きい上、歩み寄りに向けた両国世論の後押しにも乏しいことが進展を難しくしている。両国首脳間で加速化を確認した協議だが、こう着状態に陥る可能性もある。
 15日の協議は予定された約3時間で終了。韓国外務省の李相徳東北アジア局長は記者団に、次回会合について「今年中は難しい」と述べ、あっさり白旗を揚げた。日本政府関係者は「平行線だった」と語った。
 政府は韓国側に、在ソウル日本大使館前の慰安婦像の撤去を求めている。だが、像の撤去については、外務省にすら「韓国の国民感情が許さないだろう」(幹部)との見方が根強い。政府は、1965年の日韓請求権協定による「完全かつ最終的な解決」に基づき、問題を将来的に蒸し返さない確約も要求しているものの、朴政権が将来の政権まで縛ることには懐疑的だ。
 一方、韓国側は被害者支援団体に法的責任の明確化を求める声があることを踏まえ、「被害者が納得できる解決」を要求している。日本政府内では、元慰安婦らへの人道支援を拡充する案が取り沙汰されているが、「日本の世論が『解決しろ』との声になっていない」(政府関係者)という環境下では、安倍政権も容易には踏み込めない。
 日本側としては、17日に予定される、朴槿恵大統領への名誉毀損(きそん)で在宅起訴された産経新聞前ソウル支局長への判決も見極めたい考えだ。仮に有罪となれば、慰安婦問題解決の機運がそがれるのは必至。ある外務省幹部は「この問題は無理して決着する必要はない」と述べ、解決を急がない姿勢を示した。 
________________________________________
この記事は1965年の日韓請求権協定による「完全かつ最終的な解決」の日韓条約反対運動のデモの隊列に紛れ込んでいた青き頃を思い出す。紛れ込んでいたより扇動し指揮していたのだが・・・・
高度経済成長前夜の喧騒でもある。50年も前のことで記憶も定かではないが“国内的には資本の独占強化、韓国的には資本の隷属化は共に労働者への搾取を生む”だったと薄覚えがある。当時当然、所謂「慰安婦問題」は皆無で気掛りであったのが水産大の漁業問題の主張であった。国益に基づく主張であったがまだまだ先の見えない時代であり、東京オリンピック、新幹線、大阪万博と続く「利」の目くらましで「義」の反権力もしぼんでしまった。

保守派も目くらましに夢中になり、50年前の約束も反故され「日本の世論が『解決しろ』との声になっていない」(政府関係者)とは何事か!認知症を羅漢した方は直近の事は覚えていないが過去の事は繰り返し覚えているもです。疑似認知症を装う国家に対しては繰り返し過去の事実を伝えることが第一義だ。
被害者を装い、少数派を装い、哀れみを装う世論に惑わされ煽られる大衆を善導しなければなりません。

非法治国家の判決を見極めたいとは何の義も有しない木偶の坊で「害務省」そのものではないだろうか?
伝道師となり世論を喚起して行こうではないか!

有史以来人類の性であろう“煽り“に徒然に思う事
いつの時代もどこかの誰かが何らかの目的で学者や作家、ジャーナリスト、著名人を使い彼らの独占する舞台(新聞・雑誌・映像等々)で大衆を扇動し、熱の煽りを繰り返している。

現在はインターネットの普及で誰でもが何処にいても意志があれば多種多様な情報を得る事ができます。
しかしながら玉石混合の雑多な情報から“玉石“を得るにはどうすればよいだろうか?
確かに量的な知識を短時間で得るが故に、知を織り成す思考の欠落があるのではないでしょうか。ネット右翼、ツイッター引籠り右派はどうだろうか?

右派は一人の知識に籠り勝ちで、左派の単純な煽りの屁理屈に巻き込まれ孤立していたのです。左派の俗物論争に引き摺り込まれ続けていたのです。真面目なのですね。

戦後の60年安保、原水禁、全共闘、ベ平連、原発廃止、安保法制反対のスノビイズムはその現れです。
ソ連崩壊により拠り所を失った進歩派(階級闘争史観)らが人権派弁護士達である。アメリカ発祥の人権が、進歩派のいう搾取・差別と合体したのだ、しかし対中共には口を噤んでいる。

怒られそうですがGHQが創作した“戦後の物語”を左派と一緒に楽しんでいた節があります。日本国中に“カッコイイアメリカ”がTV、映画、音楽で溢れていたのを覚えてます。
しかしながら、もう70年も経ち“戦後の物語”のほころびが目立ち始めたようです。

国家は国民一人ひとりが支えているのですから、“戦後の物語”のおかしいを日常で取り戻すことが「日本を取り戻す」こと考えます。

北朝鮮の拉致、在日特権(難民問題)、教科書、慰安婦、尖閣諸島、強制連行等々・・・・・・・・の問題は“おかしい”が始まりのはずです。

北海道博物館は“おかしい“が始まりです。彼らの「日常での煽りの物語」から「正常な物語」に取り戻す事です。まめに”おかしいに“向き合うことです。

“煽り“は一過性の熱ですが、発熱させない為には根絶させるまで繰り返し大衆に知を織り成す事ではないでしょうか。
煽りの熱に打ち勝つには取り戻す熱意の高さに拠るのではないでしょうか
今年の不祥事の一部??
東芝の利益水増し問題!
化血研の国の承認と異なる方法で血液製剤などを製造!
元常陽銀行下妻支店係長を業務上横領!
京都大学医学部付属病院が職員用駐車場の不適切運営!
リクルートキャリアが、会員制転職サイトに登録されている個人情報を業務委託先に誤送信!
タカタ製インフレーター問題!
フォルクスワーゲン(VW)の排ガス規制逃れ問題!
日本年金機構が、サイバー攻撃で個人情報が流出!
東洋ゴム工業は、鉄道車両や船舶などに使われる防振ゴム製品で性能データを改竄するなどの不正!
三井住友建設が基礎工事の際に地盤調査を一部で実施せず、虚偽データに基づいて工事!
2020年東京五輪のエンブレム問題!
理化学研究所のスーパーコンピューター「京」の大規模な障害!
東海道新幹線のぞみ「225号」事故!
日本ハムは2009年3月、特許を申請し、データの誤りが判明したが研究所の所長は特許の取り下げなど適切な対応をせず!
NHKの報道番組「クローズアップ現代」でやらせがあったと指摘されている!
聖マリアンナ医科大病院の神経精神科の医師が「精神保健指定医」の資格を不正取得したとされる問題!
JR神田―秋葉原間の線路敷地内で、架線の支柱が倒れる!
大阪桐蔭中学・高校の裏金不正流用問題!
理化学研究所のSTAP細胞の論文不正問題!