読者の声1) 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成27年5月21日(木曜日)
「187名の学者による公開書簡」という日本の慰安婦問題を非難した書簡がアメリカで出されたのをご存知ですね。
この公開書簡に対する疑問(率直に言えば批判)を彼らに送りました。少し長いですが。お知らせします。拡散頂けば幸いです。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
「日本の歴史家を支援するための公開書簡」に関する幾つかの考察
 我々下記署名者は、正義と公正を愛するすべての人々に代わって、上記書簡に対し我々の率直な意見を表明せざるを得ません。
 我々は、187人の著名な学者が、上記公開書簡を出されたことを知り喜んでいます。何故なら、このことは、いわゆる慰安婦問題について討議を行う際の作法について、国際的な舞台で我々の見解を表明する大きな機会を与えてくれたからです。
 我々は、上記公開書簡を読み、この書簡が、人種的偏見と真実についての誤解なしに書かれたのか疑問に思います。これは、理性的で論理的な論でしょうか。
 最初に、表題が「日本の歴史家を支援するため」となっています。この歴史家とは誰のことですか。日本の全ての歴史家ですか。限定する語なしの「日本の歴史家」という語は、日本の全ての歴史家を想起させます。もしそうなら、この表現は印象操作と呼ばれます。正確には、一部の、反日歴史家に違いありません。 
 この人たちは、「しかし、(安倍首相の)歴史認識の問題は、これらの成果を祝福する妨げになっています」と言っています。私は、これに賛成します。しかし、真逆の意味においてです。この人たちの歴史認識は、すべての悪は日本に由来するものであり、連合国の手は真白であるという大前提のもとに行われた「東京裁判」によって作られた歴史観によって捻じ曲げられたものであるように思われます。私が、日米関係の研究に従事するアメリカ人から聞いた情報によれば、アメリカ人の多数は、東京裁判は法的観点から不公正だったと思っているようです。
 我々は、この公開書簡が犯したと思われる間違いを完全に指摘します。
 彼らは、日本の慰安婦制度だけを見て、兵士の性衝動にどう対処するかという普遍的問題として議論しなくてはならないことに触れていません。この瞬間、彼らは、この普遍的問題を論じる正当性を失いました。彼らは、何故アメリカ、ソ連、韓国などのケースに触れないのですか。
 彼らは、日本を非難するために、この問題を論じているように見えますが、具体的で検証された証拠を提示できていません。具体的で検証された証拠なしに、他を非難し貶める人は、誣告の罪を犯した犯罪人です。
 恐ろしいとか残虐ななどという感情的で扇情的な言葉を使うことは、議論が理性的に冷静に行われるために避ける必要があります。
 私が観察したところ、下記の4ナイが許される時にだけ有効な論理に囚われやすい人々がいます。
 1.彼らは、彼らの意見の根拠になる証拠を検証しない。
 2.彼らは、異なる場所で起こった同様の事象との比較考証を行わず、問題を具体的に、普遍的に論じる正当性を失っている。
 3.彼らは反証をチェックしない。
 4.彼らは、その時点で有効だった法律をチェックしない。

 このように、この公開書簡は冷静で理性的な意見の表明なのか、この書簡は人種差別に満ちたヘイトスピーチのようなものになっていないか疑わしいと思います。(関野通夫)
━━━━━━━━━━  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」3646号
自衛隊の平和ボケ?!  平成27年(2015)年5月1日(金) 
━━━━━━━━━━平井 修一
国基研企画委員/福井県立大学教授・島田洋一氏の論考「自衛隊は歴史情報戦を戦えるのか」(4/24)を読んで唖然とした。自衛隊も社会の縮図だから玉石混交だとは理解できるが、想像を絶する反日屋が紛れ込んでいるとは!
<自衛隊の支援団体が出す機関紙「隊友」最新号(4月15日付、第732号)に載った記事を読んで、唖然とした。北大西洋条約機構(NATO)事務総長特別代表(女性、平和、安全保障担当)補佐官の肩書を持つ栗田千寿(ちず)2等陸佐の連載コラムである。
NATO本部(ブリュッセル)のオフィスに来訪したスリランカ人の法律家ラディカ・クマラスワミ氏との面談の模様を記しているのだが、そこには当然あるべき問題意識が微塵も感じられない。

*歪曲報告筆者との「光栄な」昼食
栗田2等陸佐は次のように書いている。「彼女は、1996年に女性に対する暴力とその原因及び結果に関する国連の報告書(『クマラスワミ報告』)を担任したことで有名です。……私は、光栄なことにNATO特別代表とともにクマラスワミ氏と昼食に同席する機会を頂きました」。
クマラスワミ報告といえば、吉田清治証言はじめ虚偽ないし歪曲誇張された伝聞資料に基づいて、慰安婦を日本軍に強制連行された「性奴隷」と決めつけた悪名高い文書である。今に至るも、各国の議会決議に引用されるなどその悪影響は拡大し続けている。
日本政府は、昨年8月の朝日新聞による吉田証言に関する記事の撤回などを受け、昨年10月14日、外務省の佐藤地(くに)・女性人権人道担当大使をニューヨークに派遣し、クマラスワミ氏に面会させ、報告書中、吉田証言が引用された箇所などの削除、修正を申し入れている(それしか要求していないのは問題だが、それでも同氏は修正を拒否した)。

*反日勢力が狙う精神的な武装解除
栗田2等陸佐がクマラスワミ報告に何の疑問も持っていない、あるいは(まさかとは思うが)中身に感銘を受けているとすれば、防衛省が国際情報戦の最前線に送り込むにふさわしい人材とは到底言えないだろう。
加えて問題なのは、元統合幕僚会議議長が会長を務める自衛隊の準公的団体の機関紙が、こうした文章を何のチェックもせずに載せている事実である。編集部の意識も鋭く問われねばならない。
内外の反日勢力は、日本の物理的な防衛力の向上阻止だけでなく、精神的な武装解除も常に狙っている。不当に日本軍を貶めた文書の責任者との面談をただ「光栄」と感じているような文章を自衛隊員やその家族に読ませることが、精神面でプラス効果を持つとは思えない。
栗田2等陸佐は在ベルギー日本大使館ホームページに寄せた文章でも同面談に触れ、「とても穏やかで徳が感じられる方でした」と書いている。スターリンや毛沢東と会った人も、しばしば同じ感想を書き記している。
相手の行動を冷徹に見る目が、特に国防の第一線にいる者には求められるのではないか>(以上)
レベルが低すぎる、粗雑すぎる、脳内お花畑、完全に洗脳されている。正しい歴史認識、世界情勢分析の教育を受けていないのだ。栗田千寿とは何者か。
内閣府のサイトにはこうあった。
http://www.pko.go.jp/pko_j/jyosei/jyosei05.html 読売2014/12/5から。
<NATOに派遣される陸上自衛隊2佐 栗田千寿さん(39)
米国や英国など28か国が加盟する「北大西洋条約機構(NATO)」(本部・ブリュッセル)に、12月から2年間、自衛隊員として初めて派遣される。
紛争下での性的暴力から女性を保護する取り組みなどを担当する。「安倍内閣が掲げる女性活躍推進の一環ですが、本当に光栄」と語る>
この関係からクマラスワミとの接触があったのだろうが、クマラスワミ報告を読んだり、それをめぐる論争などを知っていれば「光栄な昼食」なんていうことにはならなかったろうに。
家庭内野党に加えて“隊内野党”。緊張感ゼロの完璧平和ボケ。これでは情報戦争で勝てるわけがない。チヤホヤするのではなく、せめて誰が敵なのか、今どういう攻撃にさらされているのかくらいは教育しないとだめだ。隊内規律が緩んでいるのではないか。
「日本はよい国だ」と言って航空幕僚長が首になるなんていう軍隊が勝てるわけがない。繰り返すがきちんと隊員を教育せよ。学ばざれば昏し、今のままでは国防どころか「国亡」だ。こんな体たらくでは愛国老人は死んでも死にきれやしない。(2015/4/28)
・・・・・
これはアルジェルアテロ事件で一晩中泣きじゃくった顔をTVで放映された女性陸上自衛隊佐官に通じるのでは?軍隊にも“平和ボケ”が浸透している査証!!!(士魂伝導師5/1)