西村真悟  北方領土に関する日露連携の世論誘導工作と「正論」

北方領土に関する、とんでもない世論誘導が行われているのを感じる。
 その誘導のために、まず、我が国の北方領土を「北方四島」と呼ぶことを常態化させる。
 その上で、四=二+二、だから、
北方四島の日露の「引き分け」は、二と二の折半になるとくる。
 
 では、具体的に「引き分け」で我が国が確保する二島とは何か。それは、歯舞と色丹だ。
 昨年と一昨年、ロシア大統領メドベージェフは、我が国の国後に不法上陸してきて国後・択捉の開発を指令している。
 そして、現大統領のプーチンは、この前大統領の行動を前提にして「引き分け」と言っているのだから、「引き分け」でロシアが取るのは国後と択捉で、日本が取る二島は、当然、歯舞と色丹となる。
 また注意すべきは、この「引き分け」は、日本国内にある「二島返還論」に呼応したものである。
 
 しかしながら、このロシアの「引き分け」と日本の「二島返還論」は、例えば等しい大きさの四つの碁石を、二と二に二等分するように見せかけて、これが「引き分け」、「折半」だと錯覚させようとしているに過ぎない。そのために「北方四島」という呼び方を利用しているのだ。
 つまり、トリックである。
 従って、引き分けや二島返還と結びついた北方四島の呼称が要注意なのだ。
 
 しかし、国後、択捉、歯舞群島そして色丹は、決して四島ではない。歯舞群島は、水晶島、秋勇留島、勇留島、志発島と多楽島からなる。
 しかもその面積は、
国後は、1490平方キロメートル
択捉は、3180平方キロメートル
色丹は、255平方キロメートル
歯舞群島は、100平方キロメートル
 ちなみに、沖縄本島の面積は、1208平方キロメートルだ。
 従って、「引き分け」と「二島返還論」は、
国後と択捉という沖縄本島を四つ合わせた面積の日本の国土をロシアが獲得し、
歯舞群島と色丹という沖縄本島の四分の一の面積の国土を我が国が返還を受けるということになる。
 領土の喪失、実に甚だしいものがあるではないか。
 
 しかしながら、日本国内の二等返還論者も、引き分け論のプーチンも、このことを承知の上で、トリックの「譲歩案」としてこの論を提唱している。
 しかも本年に入り、急速に北方領土の内の大半は、ロシアに差し上げること致し方ないとの風潮が表面にでてきて、プーチンの「引き分け」に打てば響くように呼応して二島返還論者が勢いづいてきた。
 柔道を愛する親日家のプーチンが「引き分け」と言ったではないか、今がチャンスだ、このチャンスを逃してはならない、と言う訳だ。
 総理大臣の特使とやらの御仁の、国後と択捉の間の線引き論も、この風潮に乗って思いついたか、誰かに耳打ちされたものだ。へぼ将棋ではあるまいに。
 この御仁の線引きは、択捉をロシアに渡せと言っているのだが、残りの三島の面積の合計は、択捉一島の約半分にすぎない。

 しかしながら、国土、領土とは、我々の体の一部ではないか。
 これでいいのか。
 
 仮に、二島返還つまり引き分けに我が国が乗ると言って日露会談が始まったとしよう。
 この会談が始まった時点で、ロシアは完全に国後と択捉を掌中に入れている。我が国は後戻りできない。
 それで、我が国は、歯舞群島と色丹を取り戻せるのか。
 これが問題だ・・・実は、その保証はない。
 我が国が歯舞と色丹に手を伸ばそうとすると、ロシアは、ちょっと待てと、ここから交渉をはじめる。そして、決して歯舞と色丹を我が国に渡さない。
 ロシアは、再び、この線から我が国に、さらに引き分け、折半を要求してくる。引き分けに乗った者にさらに引き分けを要求して、結局我が国の取り分を四分の一にする。
 これがロシア式の交渉だ。
 確実にそうなる。
 だから、今、ロシアの提案に飛びついてはならない。
 プーチンも、問題、いや、恐怖を抱えているから「引き分け」を言って我が国に秋波を送っているのだ。ロシアの大統領、プーチンの足下を観るべきだ。

 先日、久しぶりにビートたけしさんの「テレビ・タックル」に出演した。
 北方領土の問題が話題になった。
 そこで、番組に、歯舞か色丹の元住民の高齢の方が出演されて、二島返還を提唱している出演者に、よろしく頼むと言われた。
 それを受けて、出演者は、涙ながらに、元住民の方がお元気なうちに郷里の島が返還されねばならないと焦燥感に駆られるがごとく決意を述べた。
 そのときの関心は、完全にこの高齢の方の故郷である歯舞と色丹の「引き分け」による返還に絞られていた。
 しかし、高齢になった住民が生きている内に郷里に帰らねばならないならば、百万人の県民がいる沖縄本島の四倍の面積を持つ国後と択捉にこそ、多くの元住民がおられるのだ。
 この国後と択捉の元住民のことはどうなるのだろうか。

 私は番組で、次の通り言った(放映されなかった部分も含む)。
 我が国は歴史的には、全樺太と全千島の返還をロシアに要求すべきだ。
 まず、ロシアの前で、正々堂々と歴史の事実を振りかざして、我が国の北方領土とは、全樺太と全千島だと主張すべきだ。

 その上で、交渉をはじめる。
 決して、プーチンの引き分けに乗ってはならない。
 そして、ロシアがシベリア開発に成功するかどうかに国家の存亡がかかっているならば、ロシアに対して、我が国に北方領土を返せ、そうすれば我が国はシベリア開発に協力する、と宣言するべきである。
 シベリアと沿海州には、続々と支那人が入り込んでいる。
もうすぐ、ロシア人の数よりも支那人の数のほうが多くなり、我が国の協力がなければ、極東ロシアは支那に飲み込まれる。

 この発言中に驚いたのは、私が、シベリアの人口はいずれ支那人のほうが多くなる、既に大量の支那人が入り込んでいる、と言ったとき、二島返還論者も自民党から出席した議員も、口をそろえて「ウソだ、そんなことはない」と私の発言を野次り、否定したことだ。
 そのとき私は、彼ら対ロシア宥和論者は、何かを国民の目から隠そうとしていると感じた。

 事実は、広大なロシアのシベリアには、ロシア人は六百万人しかいない。そして既に二百万人の支那人が入り込んでいる。沿海州もしかりだ。
 ロシア大統領には、うかうかすると極東ロシアは、イナゴのように押し寄せてくる支那に飲み込まれるという恐怖感があるはずだ。
 我が国は、ここを突いて北方領土の返還をロシアに迫るべきである。海の上の小さな強奪した島に固執して、広大な資源の豊富な全シベリア、全極東ロシアを失うのか、と。

 以上で私の論は終わるが、どうか続いて、専門家のしっかりした基礎の確かな論考を読んでいただきたい。
 それは昨日三月二十六日の産経新聞朝刊に掲載された
北海道大学名誉教授、木村 汎先生の正真正銘の「正論」である。
 その結語を次に転載させていただいて本稿を終える。

「日本とロシアも先例に倣って『土地と発展』の交換を図るべきであろう。
 つまり、日本は北方四島を得るのと引き換えに、ロシア極東の発展に協力する。
 事態がこのままで推移するならば、ロシア極東は早晩、中国に飲み込まれ、事実上勢力圏に入ること必定だろう。
 もしそれを阻止し得るとすれば、ロシア極東の1250分の1でしかない北方四島の返還などお釣りが来る取引になる。
 以上は、ロシア側が決断すべきことかもしれない。
 ただ、日本人が認識すべきは、ロシアの方こそが今後、日本を必要とし、その逆ではないということである。」


平河総合戦略研究所メルマガ(2012年3月27日 NO.1364号 )転載
第一回目「中国によるウイグル民族弾圧から考える人権」

ウイグル人の住む「東トルキスタン」は、チベットの北・モンゴルの西に位置し、独立国が樹立されたこともありましたが、1949年に中国共産党人民解放軍に占領され、「新疆ウイグル自治区」となってしまいました。

占領後には、人の生活圏に近い地域での46回にも及ぶ地表での核実験が繰り返され、多くの人が被爆しました。また、近年、記憶に新しいところでは、2009年7月5日の「ウルムチ事件」のように、ウイグル人のデモが当局によって暴力的に弾圧され、数百人の死者、数千人の「強制失踪者」が出る事態ががたびたび発生。当局に拘束された人々は、強制労働、拷問、裁判を経ずしての公開処刑という目に遭っています。

さらに、ウイグル語教育を事実上禁止し、イスラムの信仰を弾圧、強制堕胎を含む計画出産といった信じがたい人権弾圧が日常的に横行していると伝えられます。

この現実を日本のメディアが報道する機会は多くありません。しかし、その一方で、私たちの日常には「人権」という言葉が溢れています。しかし、その核心に触れられることはありません。現実としての「人権とは何なのか?」というテーマで今後、複数回にわたり、多角的に議論し、皆さんと共に「人権」の核心に迫ってまいりたいとの主旨で、当フォーラムを開催いたします(主催者)。

日行会配布パンフより
慰安婦ヨタ記事 の植村は、札幌支局カルチャースクール担当に飛ばしているよう。
朝日新聞植村記者
... 続きを読む
これは我々が英霊に哀悼の誠を捧げず放置した結果だ!!

豪シドニー湾に沈む旧日本軍の特殊潜水艇、何者かに荒らされる
シドニー沖魚雷艇
オーストラリア・シドニー(Sydney)湾で2006年に発見され豪当局が戦争遺物として保護管理していた旧日本軍の特殊潜水艇の残骸が、何者かによって荒らされ、パーツなどが持ち去られていることが分かった。豪環境省が14日、発表した。
この小型の潜水艇は第2次世界大戦中の1942年、旧日本軍がシドニー港に停泊中の連合軍艦船を狙った奇襲作戦で使用されたもの。作戦には3隻が投じられ、うち2隻は作戦に失敗し自爆したが、残る1隻は2006年にスキューバダイビング中のダイバーらがシドニー北部沖で発見するまで行方が分からなくなっていた。
 豪当局は見つかった潜水艇の周辺に進入禁止区域を設け、遠距離監視カメラを設置して保護していた。ところが、このほど考古学調査の際に、区域内に侵入した何者かによって潜水艇の船体が傷つけられ、3枚あるスクリューの羽根のうち2枚が盗まれていることが判明したという。
 環境省はまた、潜水艇に残されていた「遺物」も持ち去られていたと発表したが、具体的に何が盗まれたのかは明らかにしなかった。潜水艇の中には乗組員2人の遺体と日本刀、お守りなどの私物が残されているとみられていた。
 豪当局によると、保護されている遺物・遺構を損傷した場合に適用される刑罰は、最高5年の禁固刑。今回、損傷を受けた潜水艇はニューサウスウェールズ(New South Wales)州の歴史的遺産保護法の対象ともなっており、違反者には110万オーストラリアドル(約1億100万円)の罰金が科される。
 環境省では、侵入者に関する情報の提供を求めている。
 旧日本軍のシドニー港奇襲作戦では、乗組員2人ずつを乗せた3隻が投入され、2隻が防潜網をくぐり抜け港の中に侵入したが、連合軍側に発見され迎撃された。うち1隻が連合軍の重巡洋艦「シカゴ(USS Chicago)」を狙って魚雷を発射したものの狙いは外れ、フェリーを改造した豪艦艇「クッタブル(Kuttabul)」の近くに着弾。この爆発で21人が死亡した。 【3月14日 AFP=時事】
日本の真の独立回復はサンフランシスコ条約発効の4月28日です。
政府は天皇皇后両陛下にご臨席いただき式、典を主催することが決まりました。


昭和天皇の御製

再独立を祝われて、

風さ緩み、冬は過ぎて、待ちに待ちし、八重桜咲く春となりけり
国の春と今こそはなれ、霜凍る冬にたえこし民の力に


敗戦直後の昭和21年には、

降り積もる深雪に耐えて色変えぬ、松ぞ雄々しき人もかくあれ
... 続きを読む
『Will』誌4月号に、澤田哲生東工大助教が「活断層問題と規制委員会の暴走」という一文を寄せておられます。詳細は4月号で・・。

田中氏は、東北大の原子核工学科を卒業し、日本原研に入所。大学時代は共産党の下部組織民青(日本民主青年同盟)で活動し、入所後は共産党系の原研労組では原子力科学者の中島篤之助の薫陶を受け教宣部長、そして中央執行委員を務めた。という経歴の人物だったのです。

この田中氏が「その権限を逸脱し、“原発ゼロ”に向かって暴走している」と澤田助教は書いております。
民主党政権は、こういう人物だから規制委の委員長に起用し、国会の承認なしで「緊急事態」の措置として職務を執行していましたが、安倍政権は国会で承認を求め、認めました。いわば左翼による「悪魔の仕掛け」とも言えます。

この人物は、電力会社は勿論、日本のエネルギー政策、経済、国民生活のことなどは全く考慮しません。まるで、あちこちに貼っている「共産党のポスター」の文言並みに、「原発ゼロ」を目指して暴走しています。

先日の誰かさんと同様で「狂った精神は汚れた身体に宿る」ですね

安倍政権は民主党政権が設置、任命した全諸委員会委員の【身体検査】を!!

「原子力規制委員会」は「活断層調査委員会」?

※追伸
原発停止は違法=安念委員長が見解(時事通信 2013/03/06-17:23)
 「原発を再稼働させるのは完全に適法。国が再稼働してはいけないと言う方が違法だ」。
 経済産業省の電気料金審査専門委員会の安念潤司委員長(中央大法科大学院教授)は、関西電力と九州電力の料金値上げの査定方針を取りまとめた6日の会合で「原発をすぐに立ち上げればコスト増にならず、われわれもこういうことをやらずに済んだ」と強調した。
 安念委員長は「原子力規制委員会が審査して、再稼働を認めるなんてことは全く理解できない。そういう審査権は法令のどこにもない」と指摘。
 「各社は直ちに再稼働していいというのが私の考え。にもかかわらず、何となく原発を止めていなければいけないのは、法治主義の大原則に正面から反する」との持論を展開した。

※追伸2
原子力規制委員会の危険な真実:前田正晶

週刊新潮の3月14日号に掲載された「御用学者と呼ばれて 第5弾」を読むと、この委員会なるものの実態を伊藤、岡本、沢田、奥村の4人の学者がどのように見ているかが解って興味深い。

原子力規制委員会は時の政府が委員長等を任命した以上、正当で公平で正確であろうと思わせるが、果たしてそうだったのかと疑わせてくれる。私にはそうまでして民主党政権は「原発ゼロ」に持ち込むべく画策して民意を得ようとしたのかと、その姑息さを批判したくなる。

しかし、私には活断層とは如何なるもので、そこにどれほどの危険性が本当に内在されているかどうかなど解るはずもないし、委員会と御用学者の何れが正当かなどは判断できるものではないと思っている。しかし、この座談会は委員会の胡散臭さを指摘していると読める。

ではあっても、あの委員会が主導する活断層調査には「何らかの意図があるのではないか」と思わせるほど断定的且つ原発に対して否定的過ぎるなと思わせる傾向が顕著だった。

私はここから先は少なくとも民主党政権とは異なって、真っ当な政府として信頼するに足る、安倍政権の判断に任せたいと思っている。【頂門の一針2899号:平成25・3・8(金)より転載】
5日の札幌市議会予算特別委員会で全国的に補助を見送る動きのある中で、川田市議の質問に対して今井啓二国際部長は「日朝親善に寄与する人材を育成する朝鮮学校への補助は公益上、必要。同校と拉致問題とは関係がない」と述べた。と本日の読売新聞に記事掲載されている。
先月の北海道新聞の下記社説の影響でしょうか?
社説青字加筆は疑問
今年1月、全国から政府に寄せられたパブリックコメント(意見公募)は、除外を支持する意見が約1万6千件だったのに対し、反対も約1万4千件あった。反対の多さを重く受け止める必要がある。 ⇒教条的反対主義者の特徴的主張(一人でもいれば・・・)ですね?
 高校に当たる朝鮮高級学校は、札幌も含めて全国に10校あり、約1800人が学ぶ。北朝鮮籍に限らず、韓国籍の生徒も多い。⇒ 北朝鮮の赤化統一工作の結果(総連、民団の融合)では?
 卒業生は日本のほとんどの大学で受験資格が認められており、大学卒業後、大半が国内で就職する。 ⇒帰国しても自国は就職難故では?
 将来、日本社会に貢献する人材といっていい。 ⇒日本の国体解体プロパガンダ要員では?
 政府は高校無償化の実際の効果として、高校中退の減少を挙げている。無償化が、学校教育に欠かせない重要施策であることは明らかだ。 ⇒経済事情と教育現場の問題では?
 こうした現状を踏まえ、政府には朝鮮学校の除外を見直すことを、あらためて求めたい。
※公安監視対象の北朝鮮の出先機関である総連が関与しているに所に何故支援するの?
「どうしんウエブ」(2月24日)より

大江く~んへ!!
PM2.5を掃きだす迷惑な隣国への「再入国禁止付移住」を強くお奨めします!!

________________________________________
――mens fada in corpora salop・・・狂った精神は汚れた身体に宿る     
『ロラン・バルト 中国旅行ノート』(ロラン・バルト 筑摩書房 2011年)
 ▽
 記号論、構造主義で知られたフランスの哲学者・批評家の著者(Roland Barthes:1915年~80年)は新左翼華やかなりし当時、フランス共産党に反対し、ソ連を修正主義と批判していた。我が国にも蔓延っていた無責任な新左翼にとっては、ゴ本尊サマだった。

 1974年、そんなロラン・バルトが数人の仲間と共に、在仏中国大使館の招きに応じ、毛沢東思想原理主義を掲げた四人組が猛威を振るっていた文革末期の中国を旅行する。「現地の中国人との接触が持たれないように、旅行コースはあらかじめ決められ、添乗員・通訳が常に同伴する上に、参加者が各自費用を負担するという旅行計画であった」(「訳者あとがき」)そうな。
4月11日から5月4日の間、上海、南京、洛陽、西安、北京と回っている。この本は、その間の旅行ノートだが、興味深い記述をいくつか・・・。

 ■林彪、事あるごとに利用されるスケープゴート。
■いつでもどこでも重要なのは、ただ官僚制(階級制度、区分)が日常的・全体的に再興しているという問題である。
■(ある工場で)日が照っているにもかかわらず、ここは陰鬱だ。1日8時間? 彼女たちは汚らしい。そして口を開かない。

■(同じく工場で)趙は言った:「昔、女性は家で家事を行う道具でした。現在(頭を仕事場の方に向けて)彼女たちは自由の身になったのです。お金のためではなく、解放のために、社会主義の確立のために」。

■趙のおきまりの格言:中国体操:身体と精神のため。わたしならmens fada in corpora salopと言う方が好きだ。/mens・・・の意味は「狂った精神は汚れた身体に宿る」
■感謝の常套句、過去の常套句。〔これは、貧しい者たちのテーマ〕。
■人民公社の責任者、かなり怪しい人物:真の指導者、責任者の振る舞い――それがおそらくは権威である

■襞のない国。風景は文化に仕立て上げられていない(土地の耕作を除いて):歴史を物語るものは何もない。・・・風景はだんだん素っ気ないものになる。味気のない国。/訳者は「cultureには「耕作」と「文化」の2つの意味がある」と注記する。

■すべてが中華思想。他国にも同様にさまざまな社会や村落がありうるという考えは全くない。民俗学はもみ消されている。比較研究は皆無。
■中華社会主義思想:すべては愛する公社、原始的な集産主義への嗜好。
■2人の若い労働者がいるテーブルにつく。彼らはとても清潔で、細い手をしており(《修理工》だろうか?)・・・ここの《労働者》は皆、細くて清潔な手をしている。
 
この中国旅行の10年程前、大躍進の飢餓地獄に苦しんでいたはずの中国に招待された日本文学代表団に参加した若き日の大江健三郎は、「僕がこの中国旅行でえた、最も重要な印象は、この東洋の一郭に、たしかに希望をもった若い人たちが生きて明日にむかっているということだ。
・・・ぼくらは中国でとにかく真に勇気づけられた。・・・一人の農民にとって日本ですむより中国ですむことがずっと幸福だ、とはいえるだろう」と感涙に咽んだ。

 
毛沢東=共産党政治の詐術に、大江は「一人の農民にとって日本ですむより中国ですむことがずっと幸福だ」と見事に引っかかる。
だが、同じ招待を受けながらもロラン・バルトは「細くて清潔な手」な《労働者》に疑念を抱く。新左翼とはいえ、さすがにゴ本尊サマだ。“眼力”が違う。それにひきかえ情けないのが大江だ。
やはり目は節穴だった。
樋泉克夫のコラム【知道中国 869回】
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成25年3月4日 通巻第3891号より  
公立高入試、北方領土の問題必須に…北海道教委

読売新聞 3月1日(金)13時58分配信

 北海道教育委員会は28日、2014年度以降の公立高校入学試験に北方領土に関する問題を毎回出題する方針を明らかにした。

 近年の出題では正答率が5割以下にとどまっている。道教委は入試の必須問題とすることで領土問題に対する生徒の理解度向上につなげたい考えだ。28日の道議会定例会の代表質問で、柿木克弘道議(自民党・道民会議)の質問に答えた。

 道教委によると、高校入試で北方領土に関する問題が出されたのは記録が残る1958年度入試以降で約10回ある。北方4島の名称や地図上の位置といった基礎知識を問う内容だが、過去5年の正答率は3~5割だという