二人は対極にあったが、死後の両者は接近したのか
  吉本隆明は『偉大なる思想家』か、それとも「長屋のテツガク屋」か

冨岡幸一郎『最後の思想 三島由紀夫と吉本隆明』(アーツアンドクラフツ)

 いま文藝評論畑で、もっとも旺盛な仕事をされる冨岡氏の近作評論集である。
 意外な目の付け所とでも言おうか、こういう視角から現代日本の貧困政治状況、思想の荒野に切り込む意欲、その情念を率直に評価したい。
 前作『千年のこる日本語へ』(NTT出版)でも、富岡氏は三島の遺した「日本文学小史」について触れたが、本書ではさらに突っ込んで同作品が論じられている。
 さるにても標題である。
 「吉本隆明のように戦前、戦中時に皇国少年であり、国家の戦争に殉じようとの思いを抱いていた者が、戦後自らが信じ込まされた国家や天皇制を根本的に疑い、問い直すことを生涯の課題と」したことに対して、三島由紀夫は「早熟な文学的才能によって浪漫的な詩や小説の創作をなし、戦時体制には強い違和感を持ちながら、敗戦後の日本の社会や思想にたいして鋭い反逆を示し、『天皇陛下万歳』を叫び自刃した」。

 両者はしたがって対極からの出発であり、「『思想の可能性』をぎりぎりの地平から問い直したのである。それらはまさに危機の時代の産物であり、『最後の思想』とでもいうべき緊張と起爆力をもった創造的言語活動であった」と冨岡氏は総括する。

 ところが、吉本は三島の自刃に強烈な衝撃を受けて次のように正直に書いた。
 「これは衝撃である。この自死の方法は、いくぶんか生きているものすべてを『コケ』にしてみせるだけの迫力を持っている(中略)。わたしにはいちばん判りにくいところでかれは死んでいる。この問いに対して三島の自死の方法の凄まじさだけが答えになっている。
 そしてこの答えは一瞬『おまえはなにをしてきたのか!』と迫るだけの力をわたしに対して持っている」
 さらに吉本は次のように言うのだった。
 「真の反応は三島の優れた文学的業績の全重量を、一瞬のうち身体ごとぶつけて自爆して見せた動力学的な緩和によって削られる。そして、これは何年か後に必ず軽視することの出来ない重さであらわれるような気がする」(1971年二月『試行』32号)。

 評者(宮崎)は、この吉本の言葉を知ったとき、事件直後に保田與重郎が書いた激甚なる文章を思い出した。
 「三島氏の事件は、近来の大事件といふ以上に、日本の歴史の上で、何百年にわたる大事件になると思った」(『天の時雨』)

 つまり全共闘のカリスマ的存在だった吉本が、三島を評価し、やがて「転向」を表明し、さらには反・反核の狼煙を上げて、胡散臭い左翼と訣別した。反・反原発の旗幟を鮮明にして平成二十四年に去った。
 まじめに吉本を読んできた旧左翼、旧全共闘は吉本の事実上の転向に茫然となったのではないだろうか。

 この両者の対比を文学史的観点から解きほぐしながら、富岡氏は両者の思想的核心部へ迫った。
 ところで評者(宮崎)は吉本隆明をまじめに読み込んだ経験はなく、それは世代的に全共闘や全学連という暴力がキャンパスを支配し、学問の自由を破壊していたおりに、吉本が彼らの教祖的存在であったことからくる一種の嫌悪感、胡散臭さに起因する。同列に評者は清水幾太郎をまったく信用していない。偽装転向なのか、文壇の風向きを商業的に読んだか、『核の選択』などと清水が二十年遅れで言い出したおり、じつに不快だった記憶が蘇った。

 したがって吉本が次のような発言をしていたことも、本書を通じて初めて知った。
 『三島由紀夫の快挙は、現在の政治的な情勢論でいけば、時代錯誤にしか過ぎません。しかし、歴史的根底からみてゆけば、なかなか容易成らざる問題である』(対談集『どこに思想の根拠をおくか』巻頭インタビュー)。

 冨岡氏はかくまとめる。
 「三島由紀夫の自刃は、吉本にとって自らの思想と観念力が根底から問われた事件であったと思われる。その後の吉本の思想的な軌跡と、老いという生理的自然的な過程のなかで、彼の世界観と人生観がどうように変化していったか」
 この吉本に比べると村上春樹のポストモダン文学は軽すぎるとも示唆している。
 さきの『千年残る日本語へ』といい、今度の新作といい、冨岡氏は文学論の荒野のなかに奮迅しつつ、重厚に爽やかに重いテーマに挑みながら、その膂力をつけてきた。本書は、その一つの表れであろう。

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成24年11月29日(木曜日)より
... 続きを読む
 北方領土は、日本の領土です。歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島のことを言っているのではありません。樺太の南半分と、千島列島はカムチャッカ半島の手前にある占守島までの千島列島の全部が、日本の領土です。ということは、南樺太から千島列島にかけてのオホーツク海と、千島列島から南東に張り出した太平洋の広大な海域が、日本の領海です。
... 続きを読む
「声をかくす人THE CONSPIRATOR」:奥山篤信
映画.OM
声をかくす人
ー抜粋ー
要は南北戦争後の怨念の渦巻くアメリカの中でリンカーン大統領暗殺は決行されたが、国家の混乱を避けるために北部の首脳はショウトライアルにて一気にこの件を清算し国民融和を図ろうとする政治的裁判であった。北部の勇敢な軍人あがりのジェームズ・マカヴォイ扮するフレデリック・エイキンは心ならずも彼女の担当弁護士となる。しかし事件を調査する中で徐々に無罪を確信していく。しかしまさにリンチ裁判として最初から結論がでた茶番裁判で証拠や証人は捏造され弁護側は正当な弁護もできない。それでも出世を望むのなら無理しなくても良いものの、この有能な若者の正義感にもとずく弁論は逆に北部の首脳・上流階級の反発を招き、村八分として愛する妻にも逃げられる。

アメリカ社会はある意味でこういう正義感が時代の節目に登場するのがアメリカの新陳代謝というものだろう。
僕はこの映画を見て即座にあのショウトライアルの茶番リンチ事件の東京裁判と重ね合わせ、あの時の熱血弁護士ベン・ブルース・ブレイクニーを重ね合わせた。彼の法廷内での弁護発言は通訳が打ち切られ一切記録として残されなかった。まさに日本を裁く資格はないと述べたのである。下記参考までに
<キッド提督の死が真珠湾攻撃による殺人罪になるならば、我々は、広島に原爆を投下した者の名を挙げることができる。投下を計画した参謀長の名も承知している。その国の元首の名前も承知している。彼らは、殺人罪を意識していたか?してはいまい。我々もそう思う。それは彼らの戦闘行為が正義で、敵の行為が不正義だからではなく、戦争自体が犯罪ではないからである。何の罪科でいかなる証拠で戦争による殺人が違法なのか。原爆を投下した者がいる。この投下を計画し、その実行を命じ、これを黙認したものがいる。その者達が裁いているのだ。彼らも殺人者ではないか>
戦争裁判など、勝者が正義の名の下の<偽善と欺瞞>でしかないことをこの映画でもはっきりと描き出す。近代以前の勝った側が負けた側の指導者を直ちにその場で殺戮するほうが余程こんな偽善や欺瞞よりわかりやすいし人間らしい。綺麗ごとの名において、捏造偽証でDue Processなどと全く茶番に過ぎない。セルビアのミロシェビッチ裁判、イラクのフセイン裁判すべて茶番に過ぎない勝利側の偽善と欺瞞の儀式であった。

パールは『パール判決書』の「戦争に勝ち負けは腕力の強弱であり、正義とは関係ない。」
そして彼の素晴らしい言葉で映画評を締める。
時が熱狂と偏見とを
やわらげた暁には
また理性が虚偽から
その仮面を剥ぎとった暁には
その時こそ正義の女神は
その秤を平衡に保ちながら
過去の賞罰の多くに
そのところを変えることを
要求するであろう
・・・・・
甦れ美しい日本☆☆平河総合戦略研究所メルマガ■□□(2012年11月9日 NO.1289号 )

都知事選、日弁連前会長の宇都宮健児氏が出馬

 図に乗ったサヨク団体、都知事選候補者擁立へ ☜<私的憂国の書>サイト
... 続きを読む
かくも卑しきコリアン根性―日本人には理解不能?!―黄文雄
・・・・・
【併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達】を読み返す!
一、朝鮮人は対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越する立場であることを認識させるよう心がけること。
二、朝鮮人には絶対に謝罪してはいけない。勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる。
三、朝鮮人は恩義に感じるということがないため、恩は掛け捨てと思い情を移さぬこと。
四、朝鮮人は裕福温厚なる態度を示してはならない。与し易しと思い強盗詐欺を企てる習癖がある。
五、朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せず、金品等他者の私物を無断借用し返却せざること多し。殊に日本人を相手とせる窃盗を 英雄的行為と考える向きあり、重々注意せよ。
六、朝鮮人は虚言を弄する習癖があるので絶対に信用せぬこと。公に証言させる場合は必ず証拠を提示させること。
七、朝鮮人と商取引を行う際には正当なる取引はまず成立せぬことを覚悟すべし。
八、朝鮮人は盗癖があるので金品貴重品は決して管理させてはいけない。
九、朝鮮人には日常的に叱責し決して賞賛せぬこと。
十、朝鮮人を叱責する際は証拠を提示し、怒声大音声をもって喝破せよ。
十一、朝鮮人は正当なる措置であっても利害を損ねた場合、恨みに思い後日徒党を組み復讐争議する習癖があるので、最寄の官公署特に 警察司法との密接なる関係を示し威嚇すること。
十二、朝鮮人とは会見する場合相手方より大人数で臨む事。
十三、朝鮮人との争議に際しては弁護士等権威ある称号を詐称せる者を同道せる場合がある。権威称号を称する同道者については関係各所への身元照会を徹底すべし。
十四、朝鮮人は不当争議に屈せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。特に婦女子の身辺貞操には注意せよ。
十五、朝鮮人の差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと。証拠を挙げ大音声で論破し沈黙せしめよ。
十六、朝鮮人との係争中は戸締りを厳重にすべし。仲間を語らい暴行殺害企てている場合が大半であるので、呼出には決して応じてはならない。
最後から二番目の「朝鮮人の差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと」というのはまさに現在の状況です。

「非韓三原則」「永住させない。帰化させない。通名を使わせない」
... 続きを読む