武井正直氏の権威は、権力構造を掌握していたのでななく、銀行家としての経営理念、哲学、それ以上に私心なき身の処し方も含めた生き方が多数の人の尊敬を集めていたのが基盤にあった!>
「北の発言」に連載された≪国家の藩屏の頽廃1~19≫を執筆者の【草莽志塾】出口吉孝塾頭の許諾を頂き転載14
出口14-1
出口14-2
出口14-3
出口14-4
出口14-5
出口14-6
哲学者・適菜収 先人に「上から目線」の愚
2012.6.8 [歴史・考古学]
 賢者の言葉を紹介した本が売れている。ゲーテやニーチェ、カフカといった先人の言葉をコンパクトにまとめたものが多い。こうした中、巷(ちまた)でよく聞かれるのが、「ゲーテは今から200年も前の人なのにこんなにすごいことを言っていたのか。驚きました」「ゲーテの言葉は今の世の中でも十分に通用しますね」といった類いの反応だ。「どれほど上から目線なのか」と逆に驚いてしまう。たかだか200年後に生まれたというだけで、一段上の立場から「昔の人なのにすごい」とゲーテを褒めるわけだ。これは近代-進歩史観に完全に毒された考え方である。すなわち、時間の経過とともに人間精神が進化するという妄想だ。
 
 彼らに悪気がないことはわかる。ただ感じたことを口にしただけだ。だからこそ深刻なのだ。捻(ね)じ曲がったイデオロギーが体のレベルで染み付いてしまっている。たしかにこの200年で科学技術は進化し、生活は豊かになった。当時、電話は存在しなかったが、今では誰もが携帯電話を使いこなしている。しかし、ほとんどの現代人はケータイの構造を理解していない。与えられたものを便利だから使っているだけであり、200年前どころか原始人となにも変わりはない。むしろ、石器を手作りしていた原始人のほうが、世界を深く認識していた可能性がある。現代人が先人より優れている証拠はどこにもない。一方、劣化を示す兆候は枚挙にいとまがない。その原因は《未来信仰》にある。

 かつては「昔の人だからすごい」という感覚はあっても「昔の人なのにすごい」という感覚はなかった。偉大な過去に驚異を感じ、畏敬の念を抱き、古典の模倣を繰り返すことにより文明は維持されてきたからだ。過去は単純に美化されたのではなく、常に現在との緊張関係において捉えられていた。
知の巨人ゲーテ(1749~1832年)は、「過去からわれわれに伝えられているものを絶えず顧みることによって初めて、芸術と学問は促進され得る」と言う。たとえば、15世紀のイタリア・ルネサンスは、古代ギリシャ・古代ローマの《再生》による人間の復興を目指す運動だった。同時にそれは、進歩史観の起源にあたるキリスト教的歴史観に対する芸術の反逆でもあった。ところが近代において進歩史観が勝利を占め、過去は《冷徹な歴史法則》なるものにより都合よく整理されてしまった。歴史は学問の対象に、古典は教養の枠に閉じ込められた。大衆社会において、ついに歴史は趣味になる。現代人の趣味に合わないものは「昔の人の価値観だから」と否定されるようになった。大衆は自分たちが文化の最前線にいると思い込むようになり、古典的な規範を認めず、視線を未来にだけ向けるようになった。過去に対する思い上がり、現在が過去より優れているという根拠のない確信…。畏れ敬う感覚が社会から失われたのである。

 「3千年の歴史から学ぶことを知らないものは闇の中にいよ」とゲーテは叱った。現在、自我が肥大した幼児のような大人が、闇の世界で万能感に浸るようになっている。革命、維新などという近代的虚言を弄んでいる連中は、歴史と一緒に大きく歪(ゆが)んだ頭のネジを巻きなおしたほうがいい
。(てきな おさむ)