士魂部隊

8月18日は「千島占守島攻防戦」の日
千島占守島は、千島列島の最北端に位置する、昭和20年ポツダム宣言を受諾した3日後に戦後日本の運命を左右するような戦いがあった。占守島攻防戦です。8月18日、ソ連軍は武装解除の準備をしていた日本側の停戦交渉に応じず、砲撃しながら竹田浜に不法上陸した。池田末男連隊長率いる戦車第11連隊(士魂部隊)は応戦したが、池田大佐、丹生勝文指揮班長、緒方静雄副官以下、各中隊長を含む数百名が戦死した。その後、ソ連と停戦協定が成立するが、もし彼らの善戦がなければ北海道はソ連に占領され、日本は朝鮮のように南北に分断されていたかもしれない。

占守島が日本人に関心を抱くようになったのは、明治天皇の勅を奉じて千島調査をおこなった片岡利和(1836-1908)が嚆矢である。本名・那須盛馬は、土佐藩士・永野源三郎の二男。元治元年8月14日、田中光顕らと脱藩。維新後、片岡利和と名前を変え、新政府に出仕し、明治2年2月には東京府小参事、侍従となり明治天皇からも信頼も厚く、相撲の相手を努めたというそうである。明治24年11月には、天皇の勅を奉じて択捉島を渡って越冬、翌年には占守島に到着している。これが契機となって、岡本監輔(11839-1904)や関熊太郎らが千島議会を設立して、明治25年、帆船「占守丸」で千島開拓を試みている。さらに郡司成忠海軍大尉と退役陸軍中尉白瀬矗らが報効義会を設立し、占守島に上陸している。

(ケぺル先生のブログ2010/8/18より転載)
                        資料 北方領土
千島歴史
北千島占守島の戦い(日本軍最後の戦い)占守島守備部隊戦死者の遺族の方のホームページ
『週刊新潮』平成23年8月26日号より
「週刊新潮」8月26号
昭和20年8月15日、人々が戦争の惨禍から解放された終戦の日。
だが、その2日後に始まった「戦争」があることを知る人は少ない。
この不可解な戦いを小説、ノンフィクションで描き出した2人の作家が、「占守(シュムシュ)島攻防戦」とは何だったのかを語り合った。

「終戦」から2日が経過した昭和20年8月17日深夜。
最北の日本領、千島列島・占守(シュムシュ)島に、日ソ中立条約を一方的に破棄したソ連軍が突如、攻め入った。
3日間に及ぶ戦闘で日本軍600名以上の戦死者、ソ連軍3000名以上の死傷者を出したこの島は、「もうひとつの硫黄島」とも呼ばれる。

それから65年を経た今夏、この戦いを見つめた2つの著作が出版された。
ひとつは、図らずもこの悲劇に巻き込まれていく軍人や家族らの群像劇を描いた浅田次郎氏(58)の小説『終わらざる夏』(集英社)。

もうひとつが、生存者の証言と膨大な記録から激闘を再現した大野芳(かおる)氏(69)のノンフィクション『8月17日、ソ連軍上陸す最果ての要衝・占守島攻防記』(新劇文庫)。

その著者2人が、「終戦後に始まった戦争」占守島攻防戦について語り合った。

浅田 僕がこの戦いについて初めて知ったのは、40年前のことです。
当時、僕は陸上自衛官でしたが、戦史の講義で教官が本当に声涙倶(とも)に下るといった熱弁で教えてくれたんですよ。
同じ国を守る人間として、共感するところが強かったんでしょう。それが頭にこびりついて、いつか書いてみようと思っていました。
書店で見つけた資料を賀いためたりはしていたんですが、なかなか書き出せなかった。
そのうちに時が流れ、やはり戦争経験者がご存命のうちに書かないと意味がないと思ったんですね。それが、時代を引き継いでいく人間の役目だと思うので。

大野 僕もこの話は全く知りませんでしたが、ある雑誌編集者から提案があって、昭和54年に一度取材を始めたんです。

浅田 ああ、ずいぶん早かったんですね。

大野 はい。それが途中で頓挫しちやったんですよ。でも、浅田さんと同じく資料を買い集めて読んでいたら、取材で実際に聞いた話と違っていたりして、ずっと気になっていた。
たまたま3年前、新潮社の編集者にそんな話をしたら興味を持ってくれて、全国の関係者を北海道からもう一度訪ね歩いたんです。

北千島慰霊の会の人たちが集めた証言も丹念に読みました。それによって、この戦いの実像がかなり分かりました。

浅田 ソ連側の戦史を見ると、大きな軍艦や輸送船で来たわけではなくて、いろんな種類の小型舟艇で来たんですよね。

大野 そうですね。1500~1600トンクラスの哨戒艦2隻と機雷敷設艦など、おそらくまともな軍艦は3、4隻程度です。あとは種々雑多な船を集めて54隻。

浅田 漁船や機帆船(内燃機関を積んだ帆船)まであったという。その辺が、僕は奇妙な話だなと思ってね。攻撃部隊として、そんなことがありうるだろうか?

大野 兵隊もかなり無理してカムチャッカで集めてるんです。14、15歳から50歳まで徴兵して、なんとか頭数を揃えた。

浅田 ということは、上陸部隊8000人というのは、作戦計画通りというより、それしか集められなかったということですか。

大野 そうなんです。南隣する幌筵(パラムシル)島とあわせて2万3000人を擁する日本軍に対して明らかに劣勢です。それでも作戦を決行したところにソ連側の焦りのようなものを感じます。

浅田 日本側に一個連隊という強力な戦車部隊がいることもソ連は事前に知っていたはずです。これは僕の自衛隊での経験なんですが、戦車の戦闘力というのは実に強大で、演習で敵の戦車が一両現れたら、歩兵一個小隊(30~40人)ぐらいは全滅とみなされるんです。

大野 一個小隊、ですか。

浅田 もちろん歩兵部隊は対戦車砲を待っていますが、戦車の側面の弱いところを正確に狙い撃つか、よほど至近距離での待ち伏せ攻撃をするかしないと撃破できない。それが陸戦の常識とされていたんです。
戦車に対抗しうるのは戦車のみ。戦車一個連隊がいるところに対戦車砲部隊だけが来るというのは、これは無理がある。
だから、僕は占守島上陸部隊に求められたのは、戦果というより戦死者の数だった、彼らは戦後の千島列島領有を見据えたスターリンの「人柱」だったという説をとったんです。

大野 実際、スラヴィンスキーという戦後ロシアの歴史家によれば、まだ日露戦争で失った樺太と、千島を手に入れてない、8月15日の時点で戦争を終わらせるわけにはいかない、というのがスターリンの意図だったというんです。
... 続きを読む