マスコミが“マスゴミ”とネット上で揶揄されて久しい。蔑称される側も気分が良くないであろう。
「科学をいまどう語るか」の読売の書評に『・・・インターネット上に即座に流れる玉石混淆で皮相的な情報とは一線を画し、じっくりと読むに値するだけの明晰さと深さを兼ね備えた記事こそが新聞には期待されている。科学記事はまさにその代表であろう。・・・』とあった。ここは蔑称される側も揶揄する側も産経Web記事をじっくり読み、それぞれ取材能力の向上努力と媒体の選択肢を向上させる事です。

社内の“縛り”ばかり気にしているようでは… 
日本文化大学学長・大森義夫(2014.3.16産経Web)
 7日に釈明と抗弁の記者会見を行った「偽りの作曲家」佐村河内守氏。朝日は関連記事について2月6日の第2社会面で「おわび」を、同11日の文化面で吉田純子記者の「自戒」を掲載した(どちらも目立たない場所だから見逃した読者も多いかも)。1面で社長か編集局長が謝罪して検証記事を出すべきだと思うが、「それなら過去に行った中国の文化大革命の評価も同じく謝罪すべき」(徳岡孝夫氏。週刊新潮)との指摘もあり“伝統”の長さにタメ息がでる。
 吉田記者は(1)相手側にも問題があった(2)NHKはもっと積極的にコミットした、と言っているが、これって保守の一部が戦争突入の正当化に使うロジックであって、それを一貫して攻撃してやまないのが朝日ではないのか。吉田記者は芸大の西洋音楽史専攻だった(週刊新潮)というが、「なにかおかしい」と思いながら周囲の空気に押されてずるずると行ってしまうのは、これまた朝日の論調を借りれば「あの戦争から何も学ばなかったのか」となる。
 スクープした週刊文春は「私たち取材班は特段、難しいことをしたわけではない。佐村河内の周辺を丁寧に取材しただけで、短期間で彼の嘘が次々と明らかになった」と書いているのだから新聞の取材能力低下は明白だ。
 「誤報はどの新聞でもするよ」と言うかもしれないが朝日の場合は特定の言葉、例えば社会主義、立ち上がる市民、脱原発などがそろえば「いけいけ」で筆が走る“伝統”がある。今回も被爆二世、全ろう、被災地域との交流といったキーワードがジャーナリズムに必須の「正しく疑う」基本をないがしろにしたのだ。
 産経は同14日の紙面で今“話題”の「割烹(かっぽう)着のリケジョ」小保方晴子さんと佐村河内氏の2事案を取り上げて「業績に関係のない物語ばかりが報道されている」「わが国にはゴシップ新聞しかないらしい」といった批判を紹介している。確かに、サイドストーリーにすぎない人情話を垂れ流すのは夏の甲子園、正月の箱根駅伝などで繰り返され、ソチ五輪でも各紙競って盛大に展開した。
 国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」(本部・パリ)による新聞の自由度調査で日本は59位。2010年の11位から毎年つるべ落としに評価を下げているが、失敗や勇み足を恐れるあまり社内の“縛り”ばかり強化しているのも一因ではないか。冒険を嫌う今の日本の縮図になっている。記者が自己責任において書く機会をふやすべきだ。自由と多様性のない職場に人材は集まるまい。

国内では
放送法
国際では
放送法4条

哲学者・適菜収 先人に「上から目線」の愚
2012.6.8 [歴史・考古学]
 賢者の言葉を紹介した本が売れている。ゲーテやニーチェ、カフカといった先人の言葉をコンパクトにまとめたものが多い。こうした中、巷(ちまた)でよく聞かれるのが、「ゲーテは今から200年も前の人なのにこんなにすごいことを言っていたのか。驚きました」「ゲーテの言葉は今の世の中でも十分に通用しますね」といった類いの反応だ。「どれほど上から目線なのか」と逆に驚いてしまう。たかだか200年後に生まれたというだけで、一段上の立場から「昔の人なのにすごい」とゲーテを褒めるわけだ。これは近代-進歩史観に完全に毒された考え方である。すなわち、時間の経過とともに人間精神が進化するという妄想だ。
 
 彼らに悪気がないことはわかる。ただ感じたことを口にしただけだ。だからこそ深刻なのだ。捻(ね)じ曲がったイデオロギーが体のレベルで染み付いてしまっている。たしかにこの200年で科学技術は進化し、生活は豊かになった。当時、電話は存在しなかったが、今では誰もが携帯電話を使いこなしている。しかし、ほとんどの現代人はケータイの構造を理解していない。与えられたものを便利だから使っているだけであり、200年前どころか原始人となにも変わりはない。むしろ、石器を手作りしていた原始人のほうが、世界を深く認識していた可能性がある。現代人が先人より優れている証拠はどこにもない。一方、劣化を示す兆候は枚挙にいとまがない。その原因は《未来信仰》にある。

 かつては「昔の人だからすごい」という感覚はあっても「昔の人なのにすごい」という感覚はなかった。偉大な過去に驚異を感じ、畏敬の念を抱き、古典の模倣を繰り返すことにより文明は維持されてきたからだ。過去は単純に美化されたのではなく、常に現在との緊張関係において捉えられていた。
知の巨人ゲーテ(1749~1832年)は、「過去からわれわれに伝えられているものを絶えず顧みることによって初めて、芸術と学問は促進され得る」と言う。たとえば、15世紀のイタリア・ルネサンスは、古代ギリシャ・古代ローマの《再生》による人間の復興を目指す運動だった。同時にそれは、進歩史観の起源にあたるキリスト教的歴史観に対する芸術の反逆でもあった。ところが近代において進歩史観が勝利を占め、過去は《冷徹な歴史法則》なるものにより都合よく整理されてしまった。歴史は学問の対象に、古典は教養の枠に閉じ込められた。大衆社会において、ついに歴史は趣味になる。現代人の趣味に合わないものは「昔の人の価値観だから」と否定されるようになった。大衆は自分たちが文化の最前線にいると思い込むようになり、古典的な規範を認めず、視線を未来にだけ向けるようになった。過去に対する思い上がり、現在が過去より優れているという根拠のない確信…。畏れ敬う感覚が社会から失われたのである。

 「3千年の歴史から学ぶことを知らないものは闇の中にいよ」とゲーテは叱った。現在、自我が肥大した幼児のような大人が、闇の世界で万能感に浸るようになっている。革命、維新などという近代的虚言を弄んでいる連中は、歴史と一緒に大きく歪(ゆが)んだ頭のネジを巻きなおしたほうがいい
。(てきな おさむ)
私も全く同感です!!
・・・・・・・
転載元:ねずさんの ひとりごと
URL=http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1526.html
・・・・・・・・・・・・
宇佐静男さんが現代防人考6月号に掲載された文をご紹介します。
現代日本の問題の本質が、見事に書かれています。
いま、日本の政治、社会、民族について、私もまったく同感です。
~~~~~~~~~~~
【戦後教育が推し進めた「日本の自殺」】著者:宇佐静男
URL=http://aiminghigh.web.fc2.com/archive-1.html

37年前の昭和50(1975)年、「日本の自殺」という論文が雑誌に掲載された。
高度経済成長で謳歌する繁栄が、永遠に続くかのような軽薄な気分が日本中に蔓延する中、迫り来る内部崩壊の危機に警鐘を鳴らす論考だった。
今年1月、某新聞が取り上げて話題になったが、現代日本の深刻な病弊を驚くほど正確に予言している。

文明の没落は、宿命的なものでなく、
災害や外からの攻撃などによるものでもなく、
基本的には社会の衰弱と内部崩壊を通じての「自殺」である。

戦後教育について、過保護と甘えの中に低迷し、生活環境が温室化している現状を憂い、自制心、克己心、忍耐力、持久力のない青少年が大量生産され、
強靱なる意志力、論理的思考能力、創造性、豊かな感受性、責任感などを欠いた過保護に甘えた欠陥青少年が大量発生すると警告した。

その帰結として、適切、不適切を見分ける感情の欠落、他人および他人の意見を尊重する配慮の欠如、個人の尊厳無視、自分自身への過大な関心、判断力、思考力の衰弱など、国民の幼稚化を予言した。

福祉や自由、平和、平等にも恐るべきマイナスの副作用がある。
この自覚を欠くとき、福祉国家は人間と社会を堕落させ、自由は無秩序と放縦に転化すると喝破している。
37年後の現代社会を見透かした論考である。

日本は今、内政、外交共、惨憺たる閉塞状態にある。

経済は「失われた10年」と言われて既に10年以上が経過した。
昭和42年に達成した世界第二位の経済大国の地位からも陥落した。
一世帯あたりの平均給与も減少し続け、今や20年前の水準を下回っている。
失業率は上がり、格差問題が生じ、少子高齢化も進んだ。
回復の兆しは一向に見られず、状況は悪化の一途を辿る。
税収は平成2年の約60兆円をピークに、平成23年は約41兆円にまで落ち込んだ。

一方、年金を含む社会保障費は昭和45年には約3.5兆円だったが、平成23年には約108兆円にまで膨らんだ。
今後、社会保障費は増加の一途をたどり、平成37年には150兆円を超えると予想されている。
まさに「無秩序と放縦」の社会福祉だが、こんな状態が長続きするわけがない。

確かに社会福祉は進んだ。
だが我欲は肥大化し、自由には責任が、権利には義務が付随するという基本的摂理も理解できなくなった。
国民の「生きる力」は減退し、自殺者は毎年3万人を超えている。

身の丈を超える権利の要求は、1000兆円に迫る財政赤字を生んだ。
このままでは必ず財政は破綻する。

やがて訪れるであろう財政破綻を誰もが認めながら、何一つ手だてが打てない。
それどころか、「子ども手当」「高校授業料無料化」「最低保障年金」など欲望肥大化は留まるところ知らない。

少子高齢化を考慮すると、消費税増税は避けて通れない。
だが消費税増税一つ決められない。

もちろん消費税増税には経済成長戦略が車の両輪として欠かせない。
だが、この経済成長戦略も描けない。
消費税増税のみが暴走すると、結果的に増税しても税収は減り、財政破綻を加速することになりかねない。

抜本的な改革がない限り、そう遠くない将来、財政は破綻する。
そうなれば年金も公務員給与も払えなくなり、公共サービスはストップする。街には失業者やホームレスが溢れるだろう。

エネルギー政策もそうだ。
原発は54基全てが止まった。
だが再稼働に対するリーダーシップは見られない。

電力不足の穴埋めは、今のところ火力発電所に依存せざるを得ない。
原油が高騰する中、電気料金の大幅値上げは避けられない。
原発再稼働に反対する人が、臆面もなく料金値上げにも反対する。
幼児レベルの程度の低さだ。

電力料金が上がると、国内製造業は当然、国際競争力を失う。
多くの工場は海外移転を余儀なくされる。
益々、失業者は増える。
自殺者も増えるに違いない。
普通の人なら誰でもわかる。

今夏、昨年以上の節電努力をしたとしても、地域によっては大規模停電が発生する可能性がある。
不意の大規模停電は都市を大混乱に陥らせ、最悪、死者が出る始末となろう。

この深刻な成り行きに、多くの日本人は薄々気がついている。
だが、どこか他人事である。

比較的はっきりしている将来を、分かっていながらズルズルと状況に流され、ついには自らのコントロールさえ失って破綻を来たすというお馴染みのパターン。
大東亜戦争に引きずり込まれていった日本の姿そのものだ。
... 続きを読む
夏休みは旭川の北鎮記念館へ
読売新聞4/20転載
北鎮記念館