ヘイトスピーチ規制法
語るに落ちる反ヘイトスピーチ論
新大久保で在特会が行ったデモの際一部の参加者が過激な言葉を使ったということで、どうだのこうだのと非難する者達がいます。
---------------------------------------------------------------------
【 時事ドットコム 】
コリアンタウン排斥デモ、過激化=ヘイトスピーチに非難強まる
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201305/2013051100035&g=soc
「皆殺し」「国外追放」といった過激な言葉で在日韓国・朝鮮人を批判するデモが、東京・新大久保などのコリアンタウンで繰り返されている。海外には差別を助長するような主張を「ヘイトスピーチ(憎悪表現)」ととらえ、取り締まる国もある。日本国内にも「言論の自由の範囲を超えた」として規制を求める動きがあるほか、安倍晋三首相が国会で「極めて残念」と答弁するなど、非難する声が強まっている。
デモを主導するのは在日韓国・朝鮮人排斥を主張する「在日特権を許さない市民の会(在特会)」など。新大久保や大阪・鶴橋で開くデモは「韓国は敵、ゴキブリ」「朝鮮人は全員殺せ」などと叫び、ここ数年で過激さを増している。
沿道には「差別反対」「仲良く」と抗議する人も多いが、一部は「差別主義者を殺せ」と応酬し、デモ隊と衝突寸前になる事態も起きている。
在特会側は、抗議や規制を求める動きに「よりひどい海外の反日デモもある」と反論。「過激な表現は注目を集める手段。1万3000人に増えた会員数がその成果だ」とし、「見直しは検討するが、個人の声まで抑える気はない」とする。(2013/05/11-04:26)
-----------------------------------------------------------------
しかしそれは彼らが何故「過激な言葉」を口にするかを考えようとしないお粗末な主張です。
そもそも朝鮮は終戦を機に日本から独立し、日本人は朝鮮半島から引き上げてきたのですが、朝鮮人達は不法に居座り続けました。
そしてそれどころか、自らを「戦勝国民」と嘯き、戦後の混乱に乗じて悪の限りを尽くしたと言われています。
「言われています」という言い方をするのは政府が何らの手を打たなどころか調査もせず、風化を待っているとしか思えない態度を執り続けているからです。
そして更に朝鮮人達は多大の利権を不当に奪取し、不当な富を蓄えていると言われていますが、それに気がついた日本人の一部が怒りをぶつけ始めた訳です。
一昨年から頻発し始めたデモは侵入者の悪事に気がついた大衆の怒りの現れと言えます。
戦後の混乱期に財産を奪われた被害者が亡くなったりして風化しつつありますが、政府が調査をせず、従って保証もせず、日本全体が戦後の清算を終えないどころか手を付けてさえいません。
新大久保でデモを行った人達ですが、彼等はそのことに気づいた人達であることは彼らの日頃の発言からよく解ります。
その彼らを非難する輩達は在日特権を護持しようとする者たちの仲間なのでしょう。
そう言われたくなかったらすぐに調査に着手すべきです。デモが行われた新大久保からまず調査を始めたら良い。
朝鮮半島から出稼ぎに来た彼らがどうやって財産を作ったのか?資産形成過程を日本国民の前に明らかにして純日本人の疑問に答えるべきです。

語るに落ちる反ヘイトスピーチ論を語る者達こそ悪辣な人種差別主義者です。
【純日本人会 メルマガ 】
発行人 : 栗原茂男
純日本人会 http://www.junnihon.com/


第一回目「中国によるウイグル民族弾圧から考える人権」

ウイグル人の住む「東トルキスタン」は、チベットの北・モンゴルの西に位置し、独立国が樹立されたこともありましたが、1949年に中国共産党人民解放軍に占領され、「新疆ウイグル自治区」となってしまいました。

占領後には、人の生活圏に近い地域での46回にも及ぶ地表での核実験が繰り返され、多くの人が被爆しました。また、近年、記憶に新しいところでは、2009年7月5日の「ウルムチ事件」のように、ウイグル人のデモが当局によって暴力的に弾圧され、数百人の死者、数千人の「強制失踪者」が出る事態ががたびたび発生。当局に拘束された人々は、強制労働、拷問、裁判を経ずしての公開処刑という目に遭っています。

さらに、ウイグル語教育を事実上禁止し、イスラムの信仰を弾圧、強制堕胎を含む計画出産といった信じがたい人権弾圧が日常的に横行していると伝えられます。

この現実を日本のメディアが報道する機会は多くありません。しかし、その一方で、私たちの日常には「人権」という言葉が溢れています。しかし、その核心に触れられることはありません。現実としての「人権とは何なのか?」というテーマで今後、複数回にわたり、多角的に議論し、皆さんと共に「人権」の核心に迫ってまいりたいとの主旨で、当フォーラムを開催いたします(主催者)。

日行会配布パンフより