この勝てば官軍の頽徳の思想は、近代日本の政治社会指導者の中に脈々と継承され、今日日本の国家に人なきの因となった!
「北の発言」に連載された≪国家の藩屏の頽廃1~19≫を執筆者の【草莽志塾】出口吉孝塾頭の許諾を頂き転載15
国家の藩屏の頽廃15-1
国家の藩屏の頽廃15-2
国家の藩屏の頽廃15-3
国家の藩屏の頽廃15-4
国家の藩屏の頽廃15-5
国家の藩屏の頽廃15-8
国家の藩屏の頽廃15-7
国家の藩屏の頽廃15-8
国家の藩屏の頽廃15-9
武井正直氏の権威は、権力構造を掌握していたのでななく、銀行家としての経営理念、哲学、それ以上に私心なき身の処し方も含めた生き方が多数の人の尊敬を集めていたのが基盤にあった!>
「北の発言」に連載された≪国家の藩屏の頽廃1~19≫を執筆者の【草莽志塾】出口吉孝塾頭の許諾を頂き転載14
出口14-1
出口14-2
出口14-3
出口14-4
出口14-5
出口14-6
近代日本の運命は、歴史と伝統が作り出した日本のエリート武士階級を葬り去った時に決まった。高貴な精神、武士道も運命をともにした!・・・・・
「北の発言」に連載された≪国家の藩屏の頽廃1~19≫を執筆者の【草莽志塾】出口吉孝塾頭の許諾を頂き転載-13
出口13-1
... 続きを読む
公徳心を含めて忠誠心は、西欧文明の知的知識は勿論のこと、天皇神格化の新主義の注入でうまれるものではなかった。武士という階級がなくなったとしても、「武士らしさ」に形容される公徳、忠誠忠義を支えるハピトゥスを日本民族の文化として拡大再生産させることは、維新政府の悖特性が許さなかったのである!
・・・・・
「北の発言」に連載された≪国家の藩屏の頽廃1~19≫を執筆者の【草莽志塾】出口吉孝塾頭の許諾を頂き転載-12
出口12-1
... 続きを読む
「歴史は進歩する」とは限らない。それどころか、歴史が退化することは、特に人間の精神文化で証明されている。現在日本は、国家機構-大蔵、財務に優秀な人材が集中すればするほど、国家機構統治の政府と国会が、官僚機構に政策立案、国家運営においてすら、依存している。その結果、国家統治の手段である官僚機構を維持することが、あたかも国家目標であるかのように矮小化され、それがまた、国家活力の衰退を招く悪循環のサイクルにまったのである!
・・・・・
「北の発言」に連載された≪国家の藩屏の頽廃1~19≫を執筆者の【草莽志塾】出口吉孝塾頭の許諾を頂き転載-11
出口11-1
... 続きを読む