西村幸祐『21世紀の脱亜論――韓国・中国との訣別』(祥伝社新書)
 歴史的にみれば聖徳太子、菅原道真、荻生狙徠。そして福沢諭吉
      日本が未曾有の危機に直面すると、必ず現れるのが「脱亜論」である
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 福沢諭吉は130年前に警告した。悪友とのつきあいを止めようと提唱した『脱亜論』の動機は朝鮮独立運動を支援し、その過程で背後にいる清の抜きがたい華夷秩序という障害、その時代錯誤だった。日本は、こうした国々とまともに付き合ってはいけない。悪友とはおさらばしよう、と福沢諭吉は言った。
 こんにち、日本をとりまく状況があまりにも似てきた。いまの東アジア情勢は、日清戦争前と構造的にはそっくりではないのか。
 中国共産党は『抗日戦争七十年記念』と称し、日本を威嚇する目的での軍事パレードを行う。これが中国のいう「新常態」である。まさにニューノーマルとはアブノーマルのことである。
 英国はトラファルガー勝利の日に、国家行事を行う。豪とニュージーランドは『ガリポリの闘い記念日』を制定し、祝日とした。軍事パレードもおこなう。ガリポリでは両軍ともに惨敗したにもかかわらず。
 日本は日清日露戦争の『戦捷記念行事』を国家として執り行ったことがない。まさに国家の要件を欠く、不思議な、堕落した国家と成り下がった。
 西村氏によれば「醜い」、「畸形国家」が日本だという。
 『近代化の礎を築いた偉大な日清戦争と日露戦争の勝利を祝うことが出来ないほうが、はるかに醜態ではないか』とする著者はどうしても福沢諭吉の警世の書を持ち出して比較し、なお、この歴史的意義を探るのである。
 また筆者に拠れば脱亜論は日本史のなかで四回あったという。
 歴史的にみれば聖徳太子、菅原道真、荻生狙徠。そして福沢諭吉という列になり、聖徳太子が遣隋使を使わして隋の煬帝へ送った書「日出ずる処の天子」云々。二番目は菅原道真の遣唐使廃止という英断。そして三番目は江戸国学の台頭と朱子学への訣別、つまり「中世世界からの脱亜」だったという。
たしかに歴史をひもとけば、危機に直面すると現れるのが脱亜論である。
 新書版ながら中味はぎっしりと読み応えがある。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ジョージ・T・ラッド著、桜の花出版編集部扁『1907』(桜の花出版)
日本の韓国合邦は理屈に合わないほどの持ち出しだった
       現地で日本の思いやりを目撃したアメリカ人のレポートがでてきた
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「日韓合邦」から百五年の歳月が流れた。そして歴史の真実はながく闇に埋もれ、植民地侵略史観が日本の歴史教科書や論壇を席巻し、メディアは自虐史観のまま、的外れの議論に血道を上げている。
 日韓合邦直前に朝鮮を訪問し、実情を記録したアメリカ人学者がいた。
 ありありと当時の様子を活写したのはイェール大学教授のジョージ・トランブル・ラッド博士だった。
 その記録は第一級史料であり、これは奇跡的に日の目を見る書物かもしれない。
 ともかくラッドは何回か来日しているが、驚くべし、伊藤博文、東郷平八郎、大山厳、乃木希典など日本の近代史に輝ける英雄達に面会していることである。
彼は当時の日本の政治指導者がいかに武士道精神に富む一方で他人をおもんばかる配慮に富む人々であったかを情景描写を加えながら、記録に残したのだ。
 「隠者の王国なるものを見るという考えはアメリカを離れる前にわれわれの心の中にあったが、その可能性は(日本に行っても)相当低いと思っていた。しかし日本に到着して間もなく、それをほのめかすような話が何度か親しい友人からあった。」
 かれは鍋島の日本式庭園で伊藤博文の秘書官と会い、後日面会したおりに『朝鮮は安全ですか』と問うと、伊藤博文は「わたしがあなたを断固守ります」と拳を振り上げた。
 「伊藤はつねに穏健派で、日本と他の国ぐにすべてとの間に友好的な関係を培うことに賛成の立場だった(中略)。彼の政策は武力で懲罰と抑圧をなさんとする者達によって反対されていた。」
 しからば現地からの差別、抑圧的などいった報告があったが、ラッド博士が注目したのは、これらの報告の大方が、『アメリカ人宣教師』が現地の噂を聞き込んできたもの、実際の現場の声とはいえなかった。そういう誇張や嘘が、『事実の一面として、どんどん海外に広まっていった』という側面を捉えている。
 やがて九州での講義を終えた博士は、実態の朝鮮を視察するために半島へ渡った。
 其の記録が英和対照で浩瀚な書物となった。
如何に当時の政権が無知で犯罪的政治主導であったか!
同時に我国報道界に真のジャーナリストが不在で、且B層国民は煽られ易く電気料、ガソリン等の物価高騰を生み自縛している自覚が希薄。
原子力規制委員会は彼らが設置した国家破懐の時限爆弾?         士魂伝道師
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成25年4月5日(金曜日)通巻第3917号 
(読者の声1)「ラムサール(イラン)の真実」
 世界には自然放射線が非常に高い地域があることはよく知られている。中国広東省陽江、インドのケララ、ブラジルのガラパリなどが有名であるが、中でもイランのラムサールが最も高く、平均で日本の24倍である。つまり、福島の高放射線地区以上の自然放射線に常時さらされているのである。そればかりではなく、地域によっては年間260ミリシーベルトにもなるのである。
 1ミリシーベルトが、体に悪いとか、土壌の除染作業を大金をかけてやろうとかしている国の人からしたら、そんなところに住んで大丈夫なのか、すぐにでも避難すべきだ、と言いたくなるだろう。でもこの人口3万余のカスピ海に面するラムサールの地は、風光明美なだけでなく、どちらかというと長寿の人の多いところと一般にいわれている。
... 続きを読む


☆本紹介☆

胡耀邦はなぜあれほどの親日家だったか
   蒋介石は日本の軍人を一貫して敬愛し、畏怖していた

黄文雄『日本人こそ知っておくべき 世界を号泣させた日本人』
 (徳間書店

 まだ五万人ほどの台湾軍人が駐屯していた時代に金門へ行ったことがある。全島が軍事要塞。あちこちに歩哨が立ち、神経が張り詰め、ぴりぴりしていた。島の裏側に潜水艦基地があり、そこも見学し、洞窟の中で食事をした。わずか三、四キロ沖合が大陸の厦門市である。双眼鏡から厦門の砲台が見えた。
 それから数年して(ということは二十年前あたりか)村松剛氏と台湾へ行った折、金門へ行く予定だったが濃霧のため飛行機が飛ばなかった。
 八年ほど前にまた金門へいく機会があった。
 驚いた。軍人は数千人規模に減っており、緊張感はゼロに近いばかりか、厦門との間にフェリーが往来し、すっかり観光拠点化していたのだ。軍人相手のバアも、ゲーム屋も大方は店じまい、替わりにグルメの海鮮レストランが花盛りだった。そのおり金門の県知事にあうと、「近未来に金門と厦門に橋を架けて繋がる」と発言したので、また驚かされた(馬英九政権はこの橋梁プロジェクトに前向き)。
 直後に今度は福建省厦門へ行った折、コロンス島から反対に双眼鏡で金門を見た。ドイツの砲台跡の戦争記念館にも大きな双眼鏡があって、ここから見ると金門を警備する台湾兵士の表情まで見えるので、またまた驚かされる。
 さて。
 1949年、金門の古寧頭に毛沢東は一個師団の上陸を命じた。共産軍は100隻のジャンク船で上陸作戦を展開するが、台湾軍によって殲滅され、以後、中国は台湾軍事作戦を諦めた。
ただし金門を挟んでの国共内戦の終幕版=砲撃戦は長期にわたって続けられ、石原裕次郎主演で映画にもなった。読売新聞記者が砲弾にあたって死亡する事件もおきた。古寧頭記念館へ行くと、その展示もあった。
だが当時もいまも古寧頭記念館で一言も触れられていない「事実」がある。
 それはこの毛利vs陶の厳島戦争のような、敵をいちど上陸させて殲滅するという、きわどい軍事作戦を立案し、蔭で台湾軍を指導したのが日本の軍人=根本博中将であったことだ。
近年、門田隆将氏がノンフィクション(『この命、義に捧ぐ』、集英社)を書いて、ようやく人々の知るところとなった。
 また蒋介石の要請に応じ、中華民国の軍隊を整備し教育し立て直すために、日本の軍人が協力を惜しまなかった。それが「白団」。
 他方、林彪や膨真から口説かれて、戦後の中国空軍をたちあげたのはほかならぬ日本の航空隊である。林弥一郎以下300名は瀋陽の東南で捕虜となったが、林彪の懇請を受け、新中国誕生の陣痛期にあたると解釈し、パイロット、整備士、管制官などを養成した。いま、この記念館が訓練学校のあった黒竜江省密山市に建てられており、昨春、高山正之氏らと現地に見学に行った。当時の飛行機の実物大模型が数機飾ってあった。
 さてさて、本書はこういう知られざる日本人の物語である。それも近年は誰もかたることがなかった熱烈な日本人の熱血である。
 歴史家=黄文雄の眼光がするどく随所に目配りされている。
 胡耀邦がなぜあれほどの親日家だったか?
 それは彼が当時の日本人医師の献身的努力によって命を救われたことがあるからである。稗田憲太郎は張家口中央委学院の院長として赴任し、わずか三ヶ月後の終戦により共産軍の医師とならざるを得なかった。
当該医学院は接収され「ベチューン医学院」と改称された。ベチューンはカナダ人医師だが毛沢東に気に入られ、記念病院が作られる。稗田憲太郎は、その医学院の中心人物として「病理学、寄生虫学、組織細胞学、解剖学」などを教え、多くの医者を育てたのだ。稗田の活躍で多くの中国人が救われた。稗田は1953年に帰国し久留米大学医学部長、日本学術院会員。1971年逝去。
 1984年に胡耀邦が来日して、未亡人と娘等を中国大使館のレセプションにまねいたことがある。そのとき胡耀邦がこう言ったのだ。
「1946年にベチューン医学院に入院したとき、稗田医師の治療を受けた。わたしも子供もその恩を忘れることができません」
 このような知られざる日本人の活躍が満載され、ぐいぐいと勇気が湧いてくる本になっている。
(「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成24年4月10日通巻第3619号より)